ahamo(アハモ)

失敗しない!ソフトバンク端末でahamo(アハモ)に乗り換える方法(SIMのみ契約する手順)

ahamo(アハモ)の安い月額料金は魅力ですよね。ソフトバンクから乗り換えたいとお考えの方も多いでしょう。ただし乗り換える場合、今使っているソフトバンクのスマートフォン端末はahamo(アハモ)のSIMカードで使えるの?と疑問に思うはず。この記事では、あなたがお持ちのソフトバンク端末を使ってahamo(アハモ)のSIMカードで使うことができるかどうか確認する方法を紹介します。

【最新】お得情報

月額2,970円(税込)
データ容量月20GB
国内通話5分以内何度でも無料

↑いつ解約しても違約金0円◎↑
とりあえず契約して使ってみましょう!!

目次

あなたのソフトバンク端末はahamo(アハモ)で使える?3ステップで確認しよう

お持ちのソフトバンクスマートフォンを乗り換え後もお使いの予定の方は、まずahamo(アハモ)に対応しているかどうか確認しましょう。以下の3ステップをチェックしてみてくださいね。

【STEP1】SIMロック解除できる機種か?

ソフトバンクで買ったスマートフォンやタブレットには”SIMロック”がかかっています。ahamo(アハモ)のSIMカードを使うためにはSIMロック解除をしなくてはいけません。まずはお持ちのスマートフォンやタブレットがSIMロック解除可能な機種かどうか確認しましょう(2015年夏以前に発売された機種のなかにはSIMロック解除できない場合もあります)。ソフトバンクのホームページで確認できますよ。

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除

SIMロック解除可能

  • すでに支払いを終えている機種
  • 分割払い中でも月額料金をクレジットカード払いしている機種

購入日から101日以上経過すればSIMロック解除可能:

  • 分割払い中の機種(月額料金を振込用紙払いや口座振替で支払っている)

SIMロック解除手続きについては後述します。

【STEP2】ahamo(アハモ)「対応端末一覧」に掲載されている機種か?

つづいて、お持ちの機種がahamo(アハモ)の「対応端末」かどうかをチェックします。ahamo(アハモ)のホームページで確認できます。機種名が記載されていればひとまずOKです。

ahamo(アハモ)「対応端末一覧」を見てみる

上記リンクより、「製品」ページを開きます。

少しスクロールしていただき「対応端末一覧」ボタンをタップします。

「iPhone」タブ選択→「iPhone対応端末一覧」をタップします。または「Android」タブ選択→「Android対応端末一覧」をタップします。

ドコモ5G周波数に対応できない機種に注意しよう

ソフトバンクの一部機種がドコモ5G周波数に対応できていない場合があります。備考欄の「一部5G周波数に対応できていない可能性があります」の表記に注意しましょう

【STEP3】お住いのエリアで使えるか?

都市部にお住まいの方は問題ないのですが、そうでない方は注意が必要です。都市部では使える機種であっても、山間部ではつながらないといった困った事態になることもあります。お住まいの地域やご利用のエリアで使えるかどうかチェックしておきましょう。チェック方法を書いておきますね。

ソフトバンク版iPhoneはahamo(アハモ)の通信エリアに対応しています◎以下STEP3-1、STEP3-2の確認は不要です。iPhoneをお使いの方は以下の記事を参考にどうぞ。

ahamo(アハモ)で手持ちのiPhoneを使う方法と端末補償(アップルケア)

【STEP3-1】ソフトバンク機種の搭載周波数一覧をチェックしょう

お持ちのソフトバンク端末がどの周波数帯に対応しているのかチェックします。周波数帯というのは電波の種類と考えていただければよいです。ソフトバンクのホームページに各機種の対応周波数帯が掲載されています。

ここでは一例を挙げて説明します。

例:SHARP AQUOS zero5G basic

ソフトバンクのホームページから「製品情報」→「機種名」→製品情報タブの「スペックを確認する」→「通信方式」欄のPDFを開きます。

SHARP AQUOS zero5G basic」が対応している周波数一覧を確認できます。

【STEP3-2】ahamo(アハモ)=ドコモの通信エリアをチェックしよう

ahamo(アハモ)=ドコモの対応周波数帯は、5Gが3.7GHz帯n78、4.5GHz帯n79、LTEが700MHz帯バンド28、800MHz帯バンド19/26、1.5GHz帯バンド21、1.7GHz帯バンド3、2.0GHz帯バンド1、3.5GHz帯バンド42です。

「SHARP AQUOS zero5G basic」が対応している周波数と見比べてみます。

5Gの3.7GHz帯n78、4.5GHz帯n79に対応していないことがお分かりいただけるかと思います。つまりahamo(アハモ)5G回線を使えないということになります。

5G回線では使えませんが、ahamo(アハモ)LTE回線にはほとんど対応しており都道府県庁所在地や都市部では問題なくインターネットを使えるといえます。

ただし、山間部では注意が必要です。今回の例では800MHz帯バンド26に対応していないため、800MHz帯では電波を受信できない可能性があります。

北海道を例に挙げると、札幌や帯広などの都市部では広く使えます。一方で、「SHARP AQUOS zero5G basic」は紫色のLTEエリア(800MHz)では電波をつかみにくいかもしれません。

以上のように、ソフトバンク端末はahamo(アハモ)=ドコモ周波数に一部対応していない場合もあり、エリアによってはつながらない可能性があります。

ahamo(アハモ)の通信エリアの調べ方

ahamo(アハモ)の通信エリアについてはこちらのページから調べることができます。

ahamo(アハモ)通信エリアを見てみる

トップページを少しスクロールして「通信・エリア」をタップ

「通信・エリアを調べる」をタップ

お住いのエリアでソフトバンク端末を使えそうだということがお分かりいただけましでしょうか?

ソフトバンク端末をそのまま使うならahamo(アハモ)のSIMカードのみを契約しますよ!

さて、ソフトバンク端末をそのまま使う場合、ahamo(アハモ)のSIMカードのみを契約することになります。

SIMカードには電話番号や契約情報が書かれています。ahamo(アハモ)に申し込み後お手元に届いたSIMカードをご自分の端末に挿入します。簡単な設定をするとahamo(アハモ)回線が開通し、番号移行(MNP)する場合はソフトバンクとは自動解約となります。

ソフトバンク端末のSIMロック解除をしておこう

ソフトバンク端末のSIMロック解除をしておきましょう。ソフトバンク端末にはSIMロックがかけられており、ahamo(アハモ)のSIMカードを認識することができません。事前にSIMロック解除しておくことで、ahamo(アハモ)SIMカードを使うことができるようになります。

中古端末もSIMロック解除可能に◎2019年2月から中古端末のSIMロック解除が可能になりました。

*中古端末販売店で購入した機種や知人・友人から譲り受けた機種はMy SoftBankでSIMロック解除できません。ソフトバンクショップで手続きしましょう(1日2台まで)。

SIMロック解除手続き方法

SIMロック解除自体は難しいものではなく、オンラインで簡単に手続きできます。なお、オンラインなら無料ですが、店舗で手続きすると有料です。

SIMロック解除したからといって何ら不利益はありません。お手すきの際にやっておくことをおすすめします。

(1)IMEI番号をメモ

  • iPhone:「設定」→「一般」→「情報」からIMEI番号を表示させます。番号をコピー/メモします

(2)会員ページからウェブ手続き

My SoftBank

  • 「SIMロック解除手続き」
  • 「製造番号(IMEI番号)の入力」欄にIMEI番号を入力
  • 「次へ」→「解除手続きをする」をタップ
  • SIMロック解除完了
    ※「解除コード」が発行されます。解除コードは、ahamo(アハモ)のSIMカード挿入時に必要ですので、紙などにお控えください。
    ※iPhone/iPad、Google Pixel は解除コードは発行されません。

TポイントはTカードと連携しておこう

ソフトバンクで貯めたTポイントはTカードとの連携をしていれば、ahamo(アハモ)乗り換え後も消滅しません。Tカードとの連携はMy SoftBankで手続きできます。

「契約解除料(違約金)」と「締め日」注意してソフトバンクからahamo(アハモ)に乗り換えるタイミングを計画しよう

つづいて、ソフトバンクからahamo(アハモ)に乗り換えるタイミングについて説明しますね。

「契約解除料(違約金)」と「締め日」に気を付けるのがポイントです。

ソフトバンクからahamo(アハモ)に乗り換えるタイミングとしては「契約解除料(違約金)」が0円となる期間の「締め日」7日前ころがおすすめです。理由を説明しますね。

「契約解除料(違約金)」0円となる期間

ソフトバンク旧料金プラン(2019年9月12日以前)をご契約中の方契約更新期間を待ってahamo(アハモ)に乗り換えるか、または新料金プランに変更後に乗り換えれば「契約解除料(違約金)」0円となります。

ソフトバンク新料金プラン(2019年9月13日以降)は契約期間に縛りがないため「契約解除料(違約金)」無料です。

「契約解除料(違約金)」0円にする方法については以下の記事を参考にどうぞ

ソフトバンクからアハモに違約金0円(契約解除料0円)で乗り換える方法

新料金プランに変更する場合、以下2点に注意しましょう。

  • ソフトバンク「月月割」が終了します
  • 料金プランの変更が反映されるのは翌請求月です(料金プラン変更を申し込んだ翌請求月以降に乗り換えましょう)

「締め日」7日前ころがおすすめ

ソフトバンクからahamo(アハモ)への乗り換えは余裕をみて「締め日」(10日、20日、末日)の7日前頃がおすすめです。

解約時、ソフトバンクの定額料金プラン(基本プラン、スマ放題、スマ放題ライトなど)は日割りになりません。ですから、解約のタイミングによっては、1日しか使っていないのに丸々ひと月分の支払をしなくてはいけないなんて事態になります。

そんな無駄を避けるために「締め日」(10日、20日、末日)を意識してahamo(アハモ)への申込み・回線切替(ソフトバンク自動解約)手続きを進めましょう。

締め日の確認方法:My softbankにログイン、画面下方の「ご請求締日」をご覧ください

ahamo(アハモ)の申し込みに必要なもの5つを準備しておこう

ahamo(アハモ)の申し込みに必要なものは5つ。事前に準備しておきましょう。

1.Ahamo(アハモ)契約者は20歳以上!あなたの本人確認資料を準備しよう

本人確認書類は氏名、生年月日、現住所が記載されており、すべて有効期限内のものを用意します。

  • 運転免許証(都道府県公安委員会発行のもの。国際運転免許証除く)
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 健康保険証+補助書類(補助書類:公共料金領収書/住民票)
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳(障がい者手帳)
  • 療育手帳

などのいずれか1点

スマホやデジカメで写真を撮るかスキャナーでスキャンしておきましょう。申し込み画面でファイルをアップロードします。

運転免許証や健康保険証の場合は裏面のデータも必要です。裏面も撮影またはスキャンしておきましょう。

本人確認資料がアップロードできない・・・時はファイルサイズを縮小しよう

本人確認資料がアップロードできないときはファイルのサイズを縮小してみることをおすすめします。ドコモオンラインショップでは、ファイルサイズ5MB以下が推奨されています。ahamo(アハモ)においても同様サイズのファイルでないとアップロードできない可能性があります。なお、ファイル形式はJPEGです。

保護者が契約者になり未成年の子供を利用者にすることは可能です

なお、契約者は20歳以上ですが、20未満の子供を利用者として登録することは可能です。申し込み画面の途中で「契約者と利用者が異なり利用者の年齢が20歳未満」を選択しましょう。

2.契約者本人名義のクレジットカードまたは銀行口座を用意しよう

ahamo(アハモ)の支払いにはクレジットカードまたは銀行口座を利用できます。

カード名義/口座名義とahamo(アハモ)契約者が同一の場合のみ申し込みできます。

利用可能なクレジットカード

ahamo(アハモ)では以下のクレジットカードを支払いに利用できます。

VISA、MASTERCARD、dカード、UCカード、JCBカード、MUFGカード、DCカード、NICOSカード、NTTグループカード、三井住友カード、アメリカン・エクスプレスカード、ダイナーズクラブカード、セゾンカード、セディナカード、セディナカード(OMC)、ジャックスカード、アプラスカード、オリコカード、ライフカード、楽天カード、イオンカード、日専連カード、ティーエスキュービックカード

利用可能な金融機関口座

都市銀行、地方銀行、信用組合、ゆうちょ銀行等の金融機関口座を利用可能です。

個別の金融機関名を確認したい方ははahamo(アハモ)公式サイトでご確認くださいね。

ahamo(アハモ)利用可能な金融機関一覧を見てみる

ホーム>サポート>お支払・ご請求>利用可能なクレジットカード・金融機関口座に一覧が表示されています。

3.フリーメールアドレスを準備する

ahamo(アハモ)申し込み時にメールアドレスの登録が必要になります。GメールやYahoo!メールといったフリーメールアドレスの取得をおすすめします。

なお、ご存じのとおり、ahamo(アハモ)ではキャリアメール(●●●@docomo.ne.jp)の発行はありません。

4.ahamo(アハモ)申し込み時に必要なdアカウントを取得しておこう

ahamo(アハモ)申し込みにはdアカウントが必要になります。dカウントをお持ちでない方は事前に発行しておきましょう。また、すでにドコモとご契約の方のうち、別途ahamo(アハモ)を申し込む場合も新たにdアカウントを取得しましょう。

1つのdアカウントに紐づけできるのは1回線のみです。

dアカウント取得方法

  1. ahamo(アハモ)公式サイト「申し込みの流れ」からdアカウント取得ページへ
  2. dアカウントページでメールアドレスや基本情報を登録
  3. dカウント発行完了

ahamo(アハモ)公式サイトでdカウント取得する

ahamo(アハモ)公式サイト→「申し込みの流れ」へ進みます。「dアカウント取得」の「dアカウントについて」をタップします。dアカウントのページで「無料のdアカウントを作成」をタップします。

dアカウントの取得について詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

ahamo(アハモ) dアカウント既存会員も新アカウント取得が必須!取得方法を説明します

5.ソフトバンクでMNP予約番号を取得しておこう(番号移行する方のみ)

ソフトバンクでお使いの携帯電話番号をそのままahamo(アハモ)でも使いたい方は番号移行の手続きが必要になります。

現在お使いの携帯電話会社でMNP予約番号を発行してもらい、ahamo(アハモ)申し込み画面で同番号を入力します。

MNP予約番号の有効期限は15日間。有効期限を過ぎてしまうと無効になります。ご注意くださいね。

MNP予約番号を取得する方法

オンライン、電話、店舗のいずれかで手続できます。おすすめはオンラインです。ご自宅で簡単にMNP予約番号を取得できます。MNP予約番号の発行手続きが終わると、スマホのSMSにメッセージが届きます。確認しましょう。なお、MNP予約番号発行手数料は無料です。

MNP予約番号の有効期間は予約当日を含めて15日間です。有効期限が切れた場合は再度取得しなおしましょう。

「MNP予約番号」申し込み窓口
ソフトバンク
オンライン My SoftBank
受付時間:24時間
(予約番号発行は9~20時)
電話 ソフトバンク携帯電話から
*5533
フリーコール
0800-100-5533
受付時間:9~20時
手数料 無料

準備ができたらahamo(アハモ)に申し込もう

事前準備を済ませたら、早速ahamo(アハモ)に申し込みましょう。申し込み手続きは5分もあれば完了します。

ahamo(アハモ)の申し込みページはこちら

ahamo(アハモ)申し込みの流れ

メニューバー「申し込み」をタップします

「docomoを契約していない方」から「SIMのみを購入」を選択します。「次へ」をタップ。

「他社から乗り換え(MNP)」を選択します。

 

「かけ放題オプション」を申し込むかどうか選択します。オプションは契約後に追加することもできます。

月額料金のシミュレーションを確認します。

「次へ」をタップします。

「対応端末を確認」でお持ちの端末の機種名が掲載されていることを確認しましょう。

「お手持ちのスマホ設定確認について」では「VoLTEオン設定となっているか」を確認しましょう。

  • iPhone:(例) 「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」→「音声通話とデータ」→「VoLTE」をON
  • Android:(例)「設定」→「ネットワークとインターネット」→「モバイルネットワーク」→「VoLTE」 ※「VoLTE」の部分は「4G回線による通話」などの場合もあります

「上記内容を確認しました」にチェックを入れます。「手続きへ」をタップ。

取得済みのdアカウントを使う方は「dアカウントを持っている方」「ご確認事項に同意の上、開始する」をタップします。

「dアカウントのID」「パスワード」を入力します。「ログイン」をタップ。

MNPの方はMNP予約番号の入力画面となりますので、画面の指示に従いましょう。

「SIMロック解除済みの方」から「次へ」をタップします。

「本人確認書類の選択」で書類を選択します。「本人確認書類に記載の住所と申し込み住所は一致していますか?」で「一致している」を選択しましょう。「次へ」をタップ。

受け取り方法を選択しましょう。「自宅で本人が受け取る」方が手続きが簡単です。

「画像をアップロード」から本人確認書類データをアップロードします。「次へ」をタップ。

「契約者さま情報の入力」で名前や住所等の情報を入力します。

お子さんがahamo(アハモ)の利用者になる場合は「契約者と利用者が異なり利用者の年齢が20未満」を選択しましょう。利用者情報の登録が必要になります。

「毎月の支払方法を設定」で「クレジットカード」または「銀行口座振替」を選択します。クレジットカードまたは銀行口座の情報を入力します。

「同意・注意事項の確認」で「~同意します」にチェックを入れます。「次へ」をタップ。

最後に「申し込み内容の確認」となります。

「注文を確定する」をタップ。申し込みはここで完了です。

「申し込みの完了」画面となります。

登録したメールアドレスに「お申込受付のご連絡」という件名でメールが届きます。

ahamo(アハモ)の配送状況を確認する方法

受信したメールに書かれたアドレス、またはahamo(アハモ)の公式ページから配送状況を確認できます。「受付番号」を入力しましょう。

ahamo(アハモ)SIMカードの受け取りと開通手続き

SIMカードを受け取ったら、開通手続きを行いましょう。ahamo(アハモ)のウェブサイトまたはアプリから手続きできます。

ahamo(アハモ)

  1. 「受付番号」「連絡先電話番号」「暗証番号」を入力してログイン
  2. 「切り替え(開通)のお手続きへ」をクリック開通情報を確認し、問題がなければ「開通する」ボタンを押してください
  3. 開通処理完了画面が表示されたら終了です

登録のアドレスに「開通のご連絡」というメールが届きます。

切り替え(開通)の手続きは、商品出荷日(注文完了の翌日)から起算して15日以内に行いましょう。当該期間内に利用手続きをしない場合、自動的に切り替え(開通)となります。

ahamo(アハモ)SIMカードの取り付けとAPN設定

お手持ちのスマホにahamo(アハモ)のSIMカードを挿入しましょう。

初期設定(APN設定)が必要です。iPhoneの場合は自動で設定されます。Androidの場合は手動で設定します。

  • iPhone:自動設定されます
  • Android:ahamoの通信サービスを利用するために、APN設定が必要です。SIMカードに同梱の説明資料に従って設定しましょう。

ahamo(アハモ)開通後ソフトバンクは自動解約

番号移行を行った場合、ahamo(アハモ)が開通するとソフトバンクとの契約は自動解約となります。ソフトバンクへの連絡は不要です。

ahamo(アハモ)利用者が18歳未満ならドコモ「あんしんウェブフィルター」を利用可能

利用者が18歳未満の場合、ドコモ「あんしんウェブフィルター」を利用できます(無料)。出会い系サイトなどの有害サイトへのアクセスを制限するサービスです。18歳未満の方を利用者として登録すると自動で「あんしんウェブフィルター」の申し込みとなります。「あんしんフィルター for docomo」アプリが自動でインストールされます。

「dポイントクラブ会員統合」をしておこう

dアカウントを複数お持ちの方は「dポイントクラブ会員統合」すると、dポイントをまとめることができ、ポイントが貯まりやすくなります。

詳しくはdポイントクラブ公式サイトをご確認くださいね

dポイントクラブ会員統合

  1. 「会員情報の確認・変更」サイトにアクセス
  2. 統合される側のケータイの電話番号を入力
  3. 統合される側のケータイにSMSにて届いたセキュリティコードを確認
  4. セキュリティコードを入力
  5. 手続き完了

ahamo(アハモ)dカード支払いでデータ容量が増量に(ボーナスパケット特典)【2021年9月より】

ahamo(アハモ)ご利用料金の支払方法をdカードに設定すると毎月のデータ容量が増量になる特典がはじまります(2021年9月スタート)。

  • dカードGOLD:+5GB/月(ahamoの利用可能データ量(20GB)に+5GB増量)
  • dカード普通:+1GB/月(ahamooの利用可能データ量(20GB)に+1GB増量)

dカードをお持ちの方はさらにお得になりますね。

最後に、ahamo(アハモ)はいつ解約しても違約金なし!気軽に申し込もう

ahamo(アハモ)は最低利用期間や違約金・解約金といった縛りがありません。事前準備を済ませた方は気軽に申し込みましょう。月額2,970円で20GBものデータ容量を使うことができます。5分以内の国内通話が何度でも無料。ネットも電話もお得に楽しめますね!

【最新】お得情報

月額2,970円(税込)
データ容量月20GB
国内通話5分以内何度でも無料

↑いつ解約しても違約金0円◎↑
とりあえず契約して使ってみましょう!!

 

© 2021 格安スマホ&SIMへ乗り換えガイド