au(エーユー)から乗り換え

auからY!mobile(ワイモバイル)に乗り換える手続方法を詳しく解説します(MNP対応)!

更新日:

Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンクのサブブランド。実態は同じ会社なんですよね。ですから、ソフトバンクと同じ通信回線を使っています。格安でしかも、他の格安スマホブランドに比べ高速通信を実現しているとあって、とても人気があります。auから乗り換える方もたくさんいらっしゃいますよ。

Y!mobile(ワイモバイル)へauから乗り換えるための手続きを解説します。電話番号はそのまま引き継げますよ。難しい手続きが必要なイメージですが、実際にやってみるととても簡単です。初めての方でもご安心ください。

ワイモバイルのSIMカードをau端末に挿入して使います☆

お持ちのau版スマートフォンにはauのSIMカードが挿入されています。乗り換え後はワイモバイルのSIMカードに差し替えるだけです。なお、SIMカードとは、登録情報の書き込まれた小さなチップのことです。

SIMカード契約特典情報
【オンライン限定特典】
合計最大12,300円相当お得です!!

特典1.どこでももらえる特典
PayPayボーナスライト
3,000円プレゼント

↓Yahoo!JAPAN IDでエントリー!↓

特典2.PayPayキャンペーン
PayPayボーナス
最大6,000円プレゼント!

特典3.事務手数料無料
通常3,300円が無料
↓公式オンラインストア限定!↓

<手続き流れ>
前月までに取得したYahoo!JAPAN IDで「どこでももらえる特典」エントリー。そのあと、ワイモバイル公式オンラインストアからSIMカードを申し込めばOK!!

Y!mobile(ワイモバイル)SIMキャンペーンについて詳しくはコチラ

目次

Y!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるメリットとデメリットを理解する

まずは、auからワイモバイルに乗り換えるメリットとデメリットをしっかり理解しておきましょう。あとになって「失敗した…!」なんて事態になるのは嫌ですよね。

(乗り換え手続きだけ知りたい方はauからワイモバイルへの乗り換え方法にスキップしてくださいね)

Y!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるメリット

まずはメリットから説明します。ざっくりとチェックしてみましょう。

◎通信料を節約できる

最大のメリットは月々の通信費を節約できる点です。auとワイモバイルの料金プランを比較すれば一目瞭然。たとえば、auの4GBプラン(新auピタッとプランN)は月額4,654円。一方、ワイモバイルの4GBプラン(スマホベーシックプランS)は月額2,680円。月額差は1,974円。年額差は23,688円になります。少しでも節約したい!方にはワイモバイルの月額料金は魅力的ですよね。

参考までに料金の比較表を載せておきますね。

ワイモバイル
スマホベーシックプラン
au
auデータMAXプラン/auフラットプラン/新auピタットプラン
上限なし (auデータMAXプランpro)
9,150円
(auデータMAXプランNetflixパック)
8,050円
25GB (auフラットプラン25NetflixパックNシンプル)
7,320円
20GB (auフラットプラン20Nシンプル)
6,170円
14GB 4,680円
(17GBに増量)
10GB 3,680円
(13GBに増量)
7GB (auフラットプラン7プラスN)
5,650円
(以下、新auピタットプランN)
6,150円
4GB 4,654円
3GB 2,680円
(4GBに増量)
1GB 3,150円
国内通話料 20円/30秒 1回10分以内の通話無料 20円/30秒 家族間通話無料

(上記は2019年10月1日以降の料金プランです。以前のプランでご契約中の方は、My auなどで現在のご契約中の料金プランをご確認ください)

データ増量無料キャンペーン

新規契約または他社からののりかえ(MNP)、ソフトバンクからの番号移行、契約変更のいずれかでスマホベーシックプランを契約した場合、データ増量オプションの月額料(通常500円)が2年間無料になるキャンペーンです。

スマホベーシックプランS/M/Rのデータ通信容量が3GB→4GB、9GB→12GB、14GB→17GBとなります。

◎ソフトバンクと同じ通信回線・通信エリアを使える

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランド。実態は同じなんです。ですから、ソフトバンクと同じ通信回線や通信エリアを使えます。”格安”といえども高層データ通信の4Gに対応した高速通信を叶えてくれますし、広いエリアで使えるんですね。また、海外ローミングにも対応しており、海外パケットし放題サービスを利用できます。

◎10分以内なら何度でも無料で通話できる

auにも通話かけ放題のプランはありますが、1回5分以内です(別料金で24時間かけ放題もあります)。ワイモバイルでは1回10分以内の通話なら何度でも無料です。基本プランについているため別途月額料金を支払う必要はありません。10分の無料通話はワイモバイルの魅力のひとつです。

長電話でも安心!Y!mobile(ワイモバイル)かけ放題プラン丸分かり!

◎家族割引サービスで家族のスマホ代を節約できる

家族割引サービスを申し込めば、2回線目以降の月額料金が500円割引となります。まずは1回線ご契約いただいた後に、ご家族の契約を追加していただくとスムーズです(最大9回線まで)。

Y!mobile(ワイモバイル)家族割引のポイント!割引額・条件・必要書類を解説します

◎「おうち割光セット」でスマホ代がさらに安くなる

ワイモバイルとSoftBank光/Airをセットで利用すると「おうち割光セット」により割引が適用されます。契約中の料金プラン毎に月額500円割引。割引適用後の料金でスマートフォンやタブレット端末、ケータイなどを利用できお得です。

*家族割引との併用はできません

◎無料でYahoo!プレミアム会員になれる

通常は月額462円かかるYahoo!プレミアム会員ですが、ワイモバイルユーザーなら無料でYahoo!プレミアム会員になれますよ。Yahoo!ショッピングやPayPayモール、LOHACOでお買い物をすると3%相当のポイントが貯まります(PayPayボーナスライト2%+Tポイント1%)。

さらに、「雑誌(110誌)マンガ(13,000冊)読み放題」「Yahoo!かんたんバックアップのバックアップ容量が無制限」といった便利でお得なサービスが無料で利用できます。

◎現在使用中の電話番号をそのまま使える

モバイルナンバーポータビリティ(MNP)という制度を利用して、auで使っていた携帯電話番号をそのままワイモバイルでも使えます。手続きについては後ほど説明しますね。

◎メールアドレス(@yahoo.ne.jp)をもらえる

ワイモバイルユーザー専用のメールアドレスを取得できます。MMSというauやドコモ、ソフトバンクと同等のキャリアメールアドレスです。スマートフォンのアプリでメールを簡単に送受信できますよ。

◎LINEのID検索ができる

ワイモバイルのスマホやSIMではLINEのID検索を利用できます(=LINEの年齢認証に対応)。ワイモバイルは格安で通信を提供していますが、ソフトバンクと同一の会社です。ソフトバンクモバイルで利用できるサービスはほぼワイモバイルでも使えます。ちなみに、他の格安スマホ会社(MVNO)のSIMではLINEのID検索は使えません。こういった面からも、ワイモバイルのメリットは大きいですね。

◎契約期間の縛りがない

2019年10月1日より契約期間の縛りがなくなりました。いわゆる、2年縛りがなくなったというわけです。契約期間や解除料に悩まされることなく解約できます(契約解除料0円)。以前よりも、気軽にワイモバイルへのりかえできますね。

Y!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるデメリット

auからワイモバイルへ乗り換えるに際してはメリットの方が大きいとは思います。ですが、やはりデメリットもあります。auを解約することになりますので、以下3点には注意しておきましょう。

△auメール(@ezweb.ne.jp)を使えない

ワイモバイルに乗り換えるとauメールが使えなくなります(他社に乗り換えた場合も同じですね)。最近はメールではなくLINEなどのメッセージアプリを使う方も多いので、auメールを使えなくてもそれほど影響はないかもしれません。

△auのファミリー割引から外れる

家族でauを使っている方はファミリー割引を受けていらっしゃいますよね。ワイモバイルに乗り換えた場合、残念ながらauのファミリー割引の対象外となってしまいます。当然ですね。家族でワイモバイルに乗り換えれば、ワイモバイルの家族割が適用されますよ(申込みが必要です)。

△契約更新期間外に乗り換えるとauへの契約解除料が必要(2019年9月30日以前にauと契約した方)

ワイモバイルのデメリットというわけではありませんが、”2年縛り”でauと契約している方がauとの契約期間中にワイモバイルに乗り換えると契約解除料(最大9,500円)が必要になります。ただし、契約期間の最終月を含む3カ月間は契約更新期間となっており、この期間に乗り換えた場合は契約解除料が発生しません。どうしても契約解除料を支払いたくない方は、契約更新期間を狙って乗り換えましょう。

【au】2019年10月1日以降に契約した方は解除料1,000円

2019年10月1日以降に「2年契約N」を契約した方は、解除料1,000円でauを解約できます。解約金1,000円なら契約更新期間を待たなくても気軽に解約できますね。もちろん、契約更新期間なら0円です。

*2019年9月30日以前に「2年契約」ご契約の方は最大9,500円の解約金必要です。ご注意くださいね。

お持ちのau端末がY!mobile(ワイモバイル)に対応しているかどうか確認する

続いて、お持ちのau端末がワイモバイルのSIMカードに対応しているかどうか確認しましょう。ワイモバイル公式サイト「動作確認済機種一覧」が掲載されたページがあります。以下リンク先ページをスクロールしていただくとご覧いただけます。一覧に、お持ちの端末が掲載されていればOKです。

動作確認済機種一覧

ワイモバイルで使えるau版iPhone

参考までにワイモバイルのSIMカードに対応しているau版iPhoneを掲載しておきますね。

【ワイモバイルで使えるiPhone機種】
  • iPhone6s
  • iPhone6s Plus
  • iPhoneSE
  • iPhone7
  • iPhone7 Plus
  • iPhone8
  • iPhone8 Plus
  • iPhoneX
  • iPhoneXS
  • iPhoneXS Max
  • iPhoneXR
  • iPhone11
  • iPhone11 Pro
  • iPhone11 Pro Max
  • iPhoneSE 2nd

iPhone6/6plus/5s/5はワイモバイルで使えないの?

2015年4月以前に販売されたau版iPhoneはワイモバイルで使うことができません。”SIMロック解除”できないためです。”SIMロック解除”の対象は2015年5月以降に発売された機種のみです。iPhone6/6plus/5s/5などの古い機種をお使いの方は残念ながらワイモバイルでは使うことができないんですね。

au版アンドロイド端末

基本的にau版のアンドロイド端末はワイモバイルで使えません。というのも、au版アンドロイド端末はワイモバイル(=ソフトバンク)の使用している周波数帯に対応していないからです。

au版アンドロイド端末もワイモバイル「動作確認済機種一覧」に掲載されています。au版アンドロイド端末をワイモバイルSIMカードで使いたい方は是非確認しておきましょう。

動作確認済機種一覧

上記リンク先ページ中ほどです。

「メーカーを選択してください」でプルダウンよりお持ちの機種メーカーを選択します。「他キャリア」タブをタップします。

「機種名」「キャリア」をご確認ください。あわせて備考欄の注意事項にも目を通しておきましょう。

au版アンドロイド端末は一部の機能が使えない可能性があります。動作確認済機種一覧の備考欄にあるとおり、

  • 音声通話:転送設定不可
  • データ:新着メール自動受信不可

といった制限があります。

Y!mobile(ワイモバイル)の機種またはSIMカードを選ぶ

ワイモバイルでスマートフォンやタブレットを購入する方は機種を選びましょう。また、ワイモバイルに対応している端末(iPhoneなど)をお持ちの方はSIMカードのサイズを確認しておきます。

ワイモバイルで買えるiPhone

人気の機種はやはり”iPhone”ですね。「ワイモバイルのiPhoneは安いけど、まさか中古品じゃないよね?」と思われる方もいるようですが、もちろん新品です。アップルで販売されているiPhoneと同じです。正規品なので故障対応をアップルでやってもらえますよ。なお、端末価格自体は別に安くないのですが、大幅に月額割引が適用されるので実質負担金が安くなる計算です。

【Y!mobileワイモバイル】iPhoneの機能や料金をみてみる

ワイモバイルで買えるandroid

コスパの良いスマートフォンが欲しい方はandroid端末をチェックしてみてください。格安といえども、十分な機能を備え使い勝手もいいですよ。おサイフケータイやワンセグ、防水、赤外線通信などの機能を求める方は日本製、無駄を省いたパフォーマンスの良いものをとお考えであれば海外製がおすすめです。

【Y!mobileワイモバイル】androidスマートフォンの機能や料金をみてみる

ワイモバイルのUSIMカード

SIMカード(ワイモバイルでは「USIMカード」と表現しています)のみ契約することも可能です。SIMカードには3つのサイズ「nano」「micro」「標準」があります。お持ちの端末がどのサイズのSIMカードに対応しているか、あらかじめ調べておきましょう。調べ方は簡単です。

公式サイト「動作確認済機種一覧」ページでご自分の機種名を探し、「SIM形状」欄をご確認ください。

動作確認済機種一覧

PayPayキャンペーン

ワイモバイル公式オンラインストアではSIMカード単体契約者を対象にキャンペーンを実施中です。気になる方はチェックしてみておいてくださいね。

ワイモバイルSIMキャンペーン!最大12,300円お得に契約する方法

Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランを選ぶ

料金プランを選びます。ワイモバイルの料金プランはとってもシンプルです。データ通信容量に応じてS、M、Rの3段階に分かれています。インターネット通信料だけでなく、1回10分までの無料通話も含まれています。

(税込価格)
スマホベーシック
プラン
S M R
月額料金 2,948円 4,048円 5,148円
新規割
(6ヵ月間)
-770円 -770円 -770円
データ増量無料キャンペーン2
(1年間)
3GB

4GB
10GB

13GB
14GB

17GB
国内通話料 1回10分以内国内通話料無料

【公式オンラインストア限定】契約事務手数料無料(通常3,300円→0円)

ワイモバイル公式オンラインストアでは契約事務手数料無料キャンペーン実施中です。通常3,300円が0円。少しでもお得に乗り換えたいという方は公式オンラインストアから申込みましょう。

PayPayボーナス最大6,000円相当+事務手数料無料(通常3,300円)キャンペーン

「スマホベーシックプラン」は"2年縛りなし"で契約解除料0円

「スマホベーシックプラン」は契約期間の縛りも契約解除料もありません。気軽に申込めますね。

My auで過去の利用状況をチェック

S/M/Rのどれを選んで良いか分からない方は、My auから過去の利用履歴をチェックしておきましょう。My auにログインするとトップページに「ご利用料金」とありますので「詳細の確認」をタップ。過去6ヶ月分のデータ使用量を確認可能です。

Y!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるタイミングを計画する

機種と料金プランが決まったら、ワイモバイルに乗り換えるタイミングを計画します。ポイントは「契約更新期間」と「月末」です。

なお、2019年10月1日以降にauと2年契約した方は契約解除料1,000円です。ですからタイミングについてそれほどこだわる必要はありません。

ここでは2019年9月30日以前にauと2年契約をした方向けに、乗り換えのベストタイミングを説明しておきますね☆

「契約更新期間」を待つ?今すぐ乗り換える?

ほとんどの方がauの2年契約型の割引プラン(誰でも割/誰でも割ライト・自動更新なし)を契約しています。2年に1度訪れる「契約更新期間」のタイミングで解約しないと契約解除料をとられてしまうんですね(なお、誰でも割ライト・自動更新なしプランでご契約中の方は、3年目以降は契約解除料が発生しません)。まずは現在のご契約がいつ満了するのか確認してくださいね。

  • 契約満了月の確認方法:My auにログインし「スマートフォン・携帯電話」をタップ。「ご契約内容手続き」→「ご契約情報」とすすみます。「料金割引サービス」項目中に”次回更新年月は〇年〇月~〇年〇月”と記載されています。
  • 契約更新期間:次回更新年月に書かれている期間が契約更新期間です。この期間に解約すれば解約料は発生しません。

みなさんはauでどのような料金プランで契約されていますでしょうか?

例えば2GBほどの容量で月額料金が6千円を超えているような料金プランの場合。契約更新期間まで、あと1~3カ月であれば、契約更新期間を待ちましょう。

一方で4ヶ月上なら、今すぐ乗り換えた方がお得です。契約解除料9,500円を支払っても、ワイモバイルと3カ月ほど契約すれば元がとれます。ご契約中の料金プラン、契約解除料、乗り換え前後の月額料金差額をご自分で計算してみましょう。

「月初」と「月末」どちらに乗り換える方がお得?

ほとんどの方が月末に乗り換えた方がお得というか、損をしないですみます。というのも、ピタッとプランや誰でも割(+カケホ、LTEプラン)は日割り計算されないためです。1日でも使ったら丸々ひと月分の請求となります。月末に乗り換えたほうが良いということになります。

ただし、30日や31日ですと、手続をする上で解約のタイミングが次の月にずれてしまうことも考えられます。余裕をみて15~20日頃にMNP転出の手続をすると良いでしょう(MNP転出については後ほど説明しますね)。

【参考】解約時に日割り計算されないauの料金プラン(一部抜粋)

  • auピタットプラン
  • auフラットプラン

以下のプランで2年契約(誰でも割/誰でも割ライト・自動更新なし/誰でも割シングル)

  • スーパーカケホ
  • カケホ
  • LTEプラン
  • シニアプラン
  • ジュニアスマートフォンプラン
  • VKプラン
  • プランZシンプル
  • プランWシンプル
  • プランW
  • LTEフラット
  • WiMAX2

Y!mobile(ワイモバイル)店舗とオンラインストアどちらで申し込むかを決める

予定を立てたら、後はスケジュールに従って手続きを進めるだけですが、ここで気になるのが「ワイモバイルの店舗とオンラインストアのどちらで申し込んだ方がお得なの?」という点です。

店舗とオンラインストアどちらがお得?

結論から申し上げると、どちらで申し込んだ方が得をするかはっきりとはわかりません。というのも、店舗ごとにキャンペーンの内容が異なるためです。

個人的にはオンラインストアがおすすめです。キャッシュバックや割引などお得な条件で自動的に契約できるからです。強引にオプション加入させられる心配もありません。

オンラインストア限定キャンペーンを知っておこう

オンラインストア限定キャンペーンについて把握しておきましょう。auなど他社からワイモバイルに乗り換える方を対象にお得な特典が用意されていますよ。

SIMカード契約キャンペーン

ワイモバイル公式オンラインストアでは新規契約・他社からのりかえの方を対象にSIMカード契約キャンペーンを実施しています。PayPayボーナス最大6,000円相当がもらえます。さらに、契約事務手数料が無料です♪

【ワイモバイル公式オンラインストア】SIMカード契約キャンペーン特設ページ

キャンペーンの条件について詳しくは以下の記事を参考にしてみてくださいね。

ワイモバイルSIMキャンペーン!最大12,300円お得に契約する方法

Y!mobile(ワイモバイル)への乗り換えに必要なものを準備する

申し込みに必要なものはクレジットカードと本人確認書類です。準備しておきましょう。

  • クレジットカード:VISA、MASTER、JCB、AMEX、DinersClub、UC、MUFG、DC、UFJ、NICOS、三井住友、イオンクレジット、オリコ、OMC、CF、Cedyna、ライフ、TSキュービック、楽天、ジャックス、ポケットのいずれか
  • 本人確認書類:運転免許証、パスポート、健康保険証+公共料金の領収書などのいずれか

本人確認書類はスマートフォンやデジカメで撮影するか、スキャンしておきましょう。申し込み画面でアップロードします。

”SIMロック解除”する

SIMロック解除とは?

”SIMロック解除”とは、他社のSIMカードを使えるようにすることです。auの端末はauのSIMカードしか使えないよう設定されています。いわゆる「SIMロック」がかけられているんです。SIMロックを解除することで、ワイモバイルのSIMカードを挿入して使えるようになります。

SIMロック解除のデメリットは特にありません。auとの契約があるうちに、早めにやっておきましょう。

端末内データのバックアップを取っておこう

現在お使いの端末内データをバックアップ保存しておきましょう(SIMカードのみご契約の方も念のためバックアップ保存しておくと安心ですね)。保存先はいくつかありますが、

  • iPhone→iCloudにバックアップ
  • android→microSDにバックアップ

がおすすめです。

SIMロック解除の手続方法

au版iPhoneでワイモバイルに乗り換える方は、お持ちのiPhoneのSIMロックを解除しておきましょう。手続きは簡単です。auショップでも手続可能ですが、有料です。ここでは無料でできる「My au」経由の手順を紹介しますね。

SIMロック解除手順

  1. 端末のIMEI番号をコピー
  2. 「My au」で手続き(無料)

1.端末のIMEI番号をコピー

iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」からIMEI番号を表示させます。番号をコピーします。

2.「My au」で手続き(無料)

「My au」にアクセスし、メニューから「サポート」をタップ。「ご契約内容に関するお手続き」→「SIMカードに関するご案内」と画面を進めます。「SIMロック解除のお手続きはこちら」をタップ。「SIMロック解除可否の確認」を選択します。

手順1でコピーしたIMEI番号を貼り付けし、「判定」ボタンをタップしましょう。あとは、画面の案内に従って手続きを進めるだけでOK。

Y!mobile(ワイモバイル)への申し込み手続き

ここからはいよいよ具体的な手続きに入ります。オンラインでワイモバイルに申込む手続き流れを紹介しますね。

【STEP0】「どこでももらえる特典」にエントリー(PayPayボーナスライト3,000円相当もらえます)

「どこでももらえる特典」にYahoo!JAPAN IDエントリー後、ワイモバイルに申し込むとお得です。PayPayボーナスライト3,000円相当をもらえます。とりあえずエントリーしておきましょう。

Yahoo!JAPAN IDでエントリー!PayPayボーナスライト3,000円相当もらえるキャンペーン

*前月までに取得したYahoo!JAPAN IDが必要です。お持ちでない方は取得しておきましょう。

Yahoo!JAPAN ID取得方法

【STEP1】auでMNP予約番号を取得する

まずはauで「MNP予約番号」を取得しますよ。「MNP予約番号」を取得することで、現在使っている携帯電話番号をワイモバイルでも引き続き使用できます。オンライン、電話、店舗のいずれかで手続できます。電話の場合、SMSで「MNP予約番号」を受け取ります。

au「MNP予約番号」申し込み窓口
電話 携帯/一般共通
0077-75470(通話無料)
受付:9~20時
オンライン My au
受付時間:24時間

MNPとは?

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)とは、携帯電話会社を変更した場合に、電話番号はそのままで、変更後の携帯電話会社のサービスをご利用できる制度です。 ※通称:MNP(Mobile Number Portabilityの略)。

注意点

  • 番号ポータビリティ手数料3,000円が必要です。番号ポータビリティ(MNP)による契約の解除が行われた翌月、請求されます。
  • 「MNP予約番号」有効期限15日。期限内にワイモバイルと契約しなければ手続きはキャンセルされ、auとの契約は継続されます。期限を過ぎても再取得することは可能です。なお、ワイモバイルでは有効期限が10日以上残っていることを申し込みの条件としています。

【STEP2】Y!mobile(ワイモバイル)に申し込む

「MNP予約番号」を取得後はすぐにワイモバイルの申し込みをしましょう。ここではワイモバイル公式オンラインストアから申込む場合の手続流れを紹介します。

Y!mobile(ワイモバイル)公式オンラインストア

iPhoneのSIMカードのサイズは「nano」。アンドロイドも現在の主流は「nano」サイズです。お間違えの無いようご注意くださいね。

契約方法は「のりかえ」を必ず選択しましょう。

現在お使いの端末・プランは「ドコモ・au・MVNO」を選択

料金プランはご希望のプランS/M/Rを選択します。データ増量キャンペーン中ですので、S(3GB→4GB)、M(9GB→12GB)、R(14GB→17GB)となっています☆

「データ増量オプション」キャンペーン中によりデータ容量が増量になっています。契約から2年間は自動的にキャンペーン適用になります。オプション項目で選択する必要はありませんが、一応、チェックを入れておきましょう。

割引「家族割引サービス」「下取りプログラム」を希望される方はチェックを入れます。

家族割引や下取りについては以下の記事を参考にどうぞ。

家族割引サービス

下取りプログラム

ご購入手続きへをタップします。

次のページではまず本人確認書類をアップロードします。

のりかえ(MNP・番号移行)情報の入力欄にauで取得済みの「MNP予約番号」を入力します。「転入予定の携帯電話番号」や「MNP予約番号の有効期限」も忘れず入力しましょう。

あとは画面の指示に従い、氏名や生年月日、クレジッドカード番号などの「ご契約者情報」を入力していけばOK。

必要事項を入力した後は「入力内容確認」→「重要事項説明」→「お申込み完了」となります。準備が整い出荷されると、登録したメールアドレス宛に「出荷完了のお知らせ」が届きます。

【STEP3】新SIMカードを受け取る

申し込み完了後、最短で翌日には新しいSIMカードを受け取れます。受け取ったらすぐに、破損等ないかチェックしましょう。

【STEP4】回線切替(au自動解約)

SIMカードが到着したら、電話でauからワイモバイルへ回線の切り替えを行います。お電話での受付後、1~2時間ほどで切り替えが完了します。

回線切替窓口

同封の書類を確認いただき、電話の音声案内に従って手続きを行ってくださいね。

0800‐919‐9809(受付時間9:00~19:00)

*050番号のIP電話は使えません

回線切り替えに必要な情報

  • 契約時に設定した4桁の暗証番号
  • 携帯電話番号

注意点

到着から6日以内に切り替え手続きを行いましょう。期限を過ぎると、ワイモバイル内部にて切り替えを行います。

回線の切替えが完了すると、auとの契約は自動解約となります。

【STEP5】アクセスポイント名(APN)設定

アクセスポイントの設定を行います。機種ごとに異なりますので、「動作確認済機種一覧」に記載の「APN設定はこちら」より確認してくださいね。

【STEP6】Y!mobileサービス初期登録

Y!mobileサービス初期登録をします(ワイモバイルの契約電話番号とYahoo! JAPAN IDを連携します)。

My Ymobileにログイン。画面上方メニュータブの「設定サポート」をタップし、「Y!mobile 初期登録をはじめる」をタップします。「Yahoo! JAPAN IDはお持ちですか?」で「はい」をタップ。「どこでももらえる特典」にエントリーしたYahoo!JAPAN IDとパスワードを入力します。

ご契約のワイモバイル携帯電話番号を入力し「次へ」をタップ。携帯電話宛に送信したメール(SMS)に記載されている確認コードを入力し、「設定する」をタップ。内容を確認し、「同意して利用を始める」をタップ

こちらの画面で登録完了です。

「どこでももらえる特典」エントリーで使用したYahoo!JAPAN IDと連携してくださいね

【STEP7】Yahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントの連携

PayPayボーナス、ボーナスライトをもらうためにYahoo!JAPAN IDとPayPayアカウントを連携しましょう。Yahoo!JAPAN IDの登録情報画面からPayPayアカウントとの連携ができます。

「ご利用状況」「PayPay」欄の「PayPayアカウントと連携しよう」をタップします。携帯電話番号を入力します。SMSで届いた確認コードを入力し、利用規約に同意します。「PayPayの登録とYahoo! JAPAN IDの連携が完了しました」と表示されればOK。これでPayPayボーナスライトやPayPayボーナスといった特典をもらうことができます。

最後に

長々と書いてしまいましたが、実際に手続きしてみるととっても簡単です。あらかじめ乗り換えのタイミングを決めておいて、さっさと手続きしてしまいましょう♪

auからの乗り換えはとってもお得にスタートできます☆

SIMカード契約特典情報
【オンライン限定特典】
合計最大12,300円相当お得です!!

特典1.どこでももらえる特典
PayPayボーナスライト
3,000円プレゼント

↓Yahoo!JAPAN IDでエントリー!↓

特典2.PayPayキャンペーン
PayPayボーナス
最大6,000円プレゼント!

特典3.事務手数料無料
通常3,300円が無料
↓公式オンラインストア限定!↓

<手続き流れ>
前月までに取得したYahoo!JAPAN IDで「どこでももらえる特典」エントリー。そのあと、ワイモバイル公式オンラインストアからSIMカードを申し込めばOK!!

Y!mobile(ワイモバイル)SIMキャンペーンについて詳しくはコチラ

Copyright© 格安スマホ&SIMへ乗り換えガイド , 2020 All Rights Reserved.