格安スマホ&SIMへ乗換えガイド

格安スマホや格安SIMへの乗換えに役立つ情報をお届けします。光回線のセット割引についても紹介しています。

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるベストなタイミングはいつ?

更新日:

ソフトバンク、ドコモ、auからY!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるベストなタイミングを紹介します。上手にスケジュールを組んで、乗り換えの手続を進めましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるベストなタイミング

ソフトバンクユーザーは「締め日」を意識しましょう。ドコモとauユーザーは「月末」が狙い目です。

ソフトバンクから乗り換える方

ソフトバンクユーザーの方は、スマ放題/スマ放題ライトなどの定額プランで契約しているかと思います。残念ながらソフトバンクの定額プランは解約時の日割りに対応していません。ですからユーザーは解約のタイミングによっては、1日しか使っていないの1ヵ月分の支払いをしなくてはいけんですね。

そんな無駄を避けるために「締め日」を意識して解約の手続を進めましょう。ソフトバンクの請求締め日は「10日」「20日」「末日」の3通りです。

  • 締め日の確認方法:My softbankにログイン、画面下方の「ご請求締日」をご覧ください。

余裕をみて「締め日」の10日前頃にMNP転出の手続をすると良いでしょう。手続をする上で解約のタイミングがずれてしまうことも考えられます。締め日ギリギリではなく、少し余裕をもって計画してくださいね。

番号そのまま!ソフトバンクからY!mobile(ワイモバイル)にMNPで乗り換える手続方法

【ソフトバンク】2019年9月13日以降に契約した方は解除料0円

2019年9月13日以降に「基本プラン」を契約した方は、解除料0円でソフトバンクを解約できます。解約金0円なら契約更新期間を待たなくても気軽に解約できますね。

*2019年9月12日以前に「通話基本プラン、スマ放題/スマ放題ライト、ホワイトプラン/標準プラン、データバリューパック」(2019年9月12日受付終了)等の2年契約を結んでいる場合、契約更新期間外に解約すると最大9,500円の契約解除料が必要です。ご注意くださいね。

ドコモ・auから乗り換える方

ドコモ、auから乗り換える方は「月末」がベストなタイミングです。

なぜかというと、ドコモ、auの定額プランは解約時に日割りされないからです。ドコモであればカケホーダイやパケットパック、auであれば誰でも割やLTE NET、LTE NET for DATAなど。解約のタイミングによっては、1日しか利用していないのに1ヵ月分の料金を請求されこともあります。

余裕をみて20日頃にMNP転出の手続をすると良いでしょう。月末がよいからといって、30日や31日ですと、手続をする上で解約のタイミングが次の月にずれてしまうことも考えられますからね。

【初心者向け】ドコモからY!mobile(ワイモバイル)に乗り換える手続方法

【ドコモ】2019年10月1日以降に契約した方は解約金1,000円

2019年10月1日以降に「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」において2年契約を結んだ方は、解約金1,000円でドコモを解約できます。解約金1,000円なら契約更新期間を待たなくても気軽に解約できますね。もちろん、契約更新期間なら0円です。

*2019年9月30日以前に2年定期契約をご契約の方は最大9,500円の解約金必要です。ご注意くださいね。
【au】2019年10月1日以降に契約した方は解除料1,000円

2019年10月1日以降に「2年契約N」を契約した方は、解除料1,000円でauを解約できます。解約金1,000円なら契約更新期間を待たなくても気軽に解約できますね。もちろん、契約更新期間なら0円です。

*2019年9月30日以前に「2年契約」ご契約の方は最大9,500円の解約金必要です。ご注意くださいね。

Y!mobile(ワイモバイル)契約月の月額料金は日割り

ちなみに、Y!mobile(ワイモバイル)では契約月の月額料金を日割りで計算しています。つまり、ユーザーとしてはいつ契約しても、ワイモバイルの月額料金に関しては損をすることはないということですね。

Y!mobile(ワイモバイル)「データ増量無料キャンペーン」を考慮する場合

現在実施中の「データ増量無料キャンペーン」。スマホプランS/M/Lのデータ容量が増量となるキャンペーンです(プランS:2GB→3GB、プランM:6GB→9GB、プランL:14GB→21GB)。通常はオプション料金月額500円必要ですが、キャンペーン特典により2年間は無料となっています。

データ増量無料の期間を最長にしたいなら「月初」に契約するのがおすすめです。月末の場合、せっかく増量になったデータ容量も使い切れないまま消滅してしまう可能性があるからです。なお、残念ながらワイモバイルでは余ったデータ容量を翌月に繰り越すことはできません。

Y!mobile(ワイモバイル)へ乗り換える手続流れ

乗り換えの流れと手続きのタイミングを具体的にみていきましょう。

【step1】SIMロック解除*
step2】MNP転出*
step3】Y!mobile(ワイモバイル)へ申し込み
step4】MNP転入*
step5】スマートフォン、SIMカードの受取り受取りの翌日に「解約」となる。
step6】APN設定
step7】開通

*【step1】は、他社で購入したスマートフォンを使う方の手続きです。
*【step2】【step4】は、携帯電話番号を変えずに移行する方の手続きです。

オンラインの場合、以上のステップを踏まえて開通までの手続きを進めます。ソフトバンクやドコモ、auとの契約が切れるのは、スマートフォンやSIMカードを受け取った翌日です(転出元との契約は自動的に解約されます。手続を行う必要は特にありません)。このタイミングを「締め日」や「月末」に合わせるとベストなタイミングになりますね。

とはいえ、ギリギリに手続きすると、「解約」がずれ込む可能性もあります。余裕を持って手続きを進めましょう。

まとめ

基本的には、ソフトバンクから乗り換える方は締め日(10日、20日、末日)、ドコモ・auから乗り換える方は月末を意識しましょう。オンラインで手続きを行う場合、それぞれの10日前頃にワイモバイルに申し込むと良いと思います。

ただし、「データ増量無料キャンペーン」によりデータ容量が増量になっています(2年間)。月末に乗り換えると、契約月のデータ容量を消費しないまま翌月になる可能性があります。データ容量を少しでも無駄なく使いたい!という方は、月初の方がお得ですよね。

【おすすめ記事】手順解説

Copyright© 格安スマホ&SIMへ乗換えガイド , 2019 All Rights Reserved.