docomo(ドコモ)から乗り換え UQmobile(ユーキューモバイル)

ドコモからUQモバイルに乗り換えるベストタイミングは契約更新期間の月末

ドコモの月額料金が高いな、、、UQモバイルに乗り換えよう!と思っていても、具体的にいつ乗り換えればよいのかわからない方がいらっしゃいますよね。

ドコモ解約金(違約金)や月額料金の日割りを考慮してベストタイミングを計画してみましょう。

ドコモからUQモバイルに乗り換え予定の方は参考にどうぞ。

SIMカード契約特典情報
【オンライン限定】
くりこしプランS/M/L契約で
キャッシュバック!!
のりかえ(MNP):10,000円
新規:3,000円
↓公式ショップ限定!↓

<手続き流れ>

  • ご契約から4ヶ月目にメール受信(口座情報入力ページのURL)
  • 口座情報を入力
  • 翌営業日にキャッシュバックを受取り

ドコモからUQモバイルに乗り換えるベストタイミング

ドコモからUQモバイルに乗り換えるベストタイミングは「契約更新期間」の「月末」です。

「契約更新期間」を待つ?今すぐ乗り換える?

ベストは「契約更新期間」なのですが、「契約更新期間」を待つべきかどうか解約金をふまえて検討してみましょう。

2019年10月1日以降にドコモと契約した方

2019年10月1日以降にドコモと契約した方は「契約更新期間」を待つ必要はありません。

解約金は最大1,100円(税込)です。今すぐ乗り換えましょう。

参考までにドコモの報道発表資料から該当箇所を抜粋しておきますね。

■解約金・月額料金の値下げ
2019年10月1日(火曜)以降にお申込みいただく方を対象に「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」において、2年定期契約の解約金を9,500円から1,000円に値下げ

出典:ドコモ報道発表資料

2019年9月30日以前にドコモと契約した方

一方、2019年9月30日以前にドコモと契約した方は「契約更新期間」を待つのがおすすめです。「契約更新期間」に解約すれば解約料は発生しません。

ほとんどの方がドコモの2年定期の料金プラン(カケホーダイプラン/カケホーダイライトプラン/シンプルプラン/データプラン/デバイスプラス等)を契約しています。2年に1度訪れる「契約更新期間」のタイミングで解約しないと解約金(違約金)税込10,450円をとられてしまうんですね。まずは現在のご契約がいつ満了するのか確認してくださいね。

  • 契約満了月の確認方法:My docomoにログインし「ご契約内容確認・変更」をタップ。「ご契約プラン」欄に”契約満了月は〇年〇月です”と記載されています。
  • 契約更新期間:契約満了月の当月、翌月、翌々月の3ヵ月が「契約更新期間です*(契約満了月が1月なら、1月2月3月が更新期間)。「契約更新期間」に解約すれば解約料は発生しません。

*2019年3月より契約更新月が3ヵ月に延長されました

新料金プランに変更後の解約金に注意

2019年9月30日以前に2年定期契約をした方が新料金プラン「ギガホ/ギガライト」に変更した場合、旧プランの解約ルールに基づき解約金が発生する点にご注意ください。以下、ドコモ公式サイトより新料金プラン変更後の解約金について書かれた箇所を引用しておきますね。

定期契約ありの料金プランをご契約中のお客さまが2019年10月1日(火曜)以降、更新期間以外に上記プラン(新料金プラン)への変更を実施し、当該定期契約期間満了月前月までに解約した場合は変更前プランの解約金が発生します(定期契約ありの料金プランへの変更については、定期契約期間を引継ぎます)。

ドコモ公式サイト

余談ですが、わたし自身実際に「Xi シンプルプラン」から「ギガライト」に料金プランを変更してみました。「ご契約内容確認・変更」ページを確認したところ「留保解約金」という項目を発見。留保期間内に解約すると解約金9,500円(税込10,450円)を請求されることがわかりました。

スマホ購入から2年以内「月々サポート」適用中の解約に注意

2019年5月31日以前のサービスになりますが「月々サポート」がありました。最大24か月間、購入機種に応じて「月々サポート割引額」が毎月の利用料金から割引きされるというものです。

「月々サポート」適用期間中にドコモを解約すると機種代金割引の恩恵を受けられなくなります。

「月々サポート」が終了後にドコモからのりかえるのがおすすめです。

とはいえ「契約更新期間」まで5カ月以上ある方はすぐに乗り換えることを検討してみましょう

2019年9月30日以前にドコモと契約した方のうち契約更新期間まで5カ月以上ある場合はすぐに乗り換えることを検討してみましょう。たとえば、ドコモとUQモバイルの最新の料金プランで差額を計算すると、乗り換え後4カ月で元がとれることになります。

料金プラン(3GB) 月額料金
ドコモ・ギガライト 4,565円
UQモバイル・くりこしプランS 1,628円
差額 2,937円

解約金10,450円÷月額料金差額2,937円≒4ヵ月

ごく単純に計算した結果です。各種割引などを踏まえてご自分で計算してみてくださいね。

「スマホおかえしプログラム」をドコモ解約後も利用可能

ドコモ解約後も「スマホおかえしプログラム」を利用できます。「スマホおかえしプログラム」は対象機種を36回分割払いで購入し、24ヵ月以内に返却すると12回分の支払いが無料になるものです。ドコモ回線解約後も当プログラムを利用することができます。

「月末」乗り換えがベスト。でも余裕をみておこう

「月初」と「月末」どちらが損をせずに乗り換えられるかといえば「月末」です。なぜかというと、ギガホやギガライト、カケホーダイやパケットパックなどドコモの料金プランは日割りされないからです。月末であれば、あまり損をせずに乗り換え可能というわけです。

ただし、30日や31日ですと、手続をする上で解約のタイミングが次の月にずれてしまうことも考えられます。余裕をみて20日頃にMNP転出の手続をすると良いでしょう(MNP転出は携帯電話番号を乗り換え後も利用する場合に必要な手続きです)。

ちなみに、UQモバイルの料金プランは課金開始日から日割適用となります。​UQモバイルの月額料金については気にしなくてもOK。

SIMカード契約特典情報
【オンライン限定】
くりこしプランS/M/L契約で
キャッシュバック!!
のりかえ(MNP):10,000円
新規:3,000円
↓公式ショップ限定!↓

<手続き流れ>

  • ご契約から4ヶ月目にメール受信(口座情報入力ページのURL)
  • 口座情報を入力
  • 翌営業日にキャッシュバックを受取り

© 2021 格安スマホ&SIMへ乗り換えガイド