docomo(ドコモ)から乗り換え

Y!mobile(ワイモバイル)SIMでドコモ端末を使える?3ステップで確認する方法

更新日:

Y!mobile(ワイモバイル)の安い月額料金は魅力ですよね。ドコモから乗り換えたいとお考えの方も多いでしょう。ただし乗り換える場合、今使っているドコモのスマートフォンやタブレット端末は、ワイモバイルのSIMカードで使えるの?と疑問に思うはず。この記事では、あなたがお持ちのドコモ端末をワイモバイルのSIMカードで使うことができるかどうか確認する方法を紹介します。

なお、iPhoneに関しては以下の記事をご覧ください。iPhone6s以降の機種はワイモバイルに対応しています。

ドコモ版iPhoneでY!mobile(ワイモバイル)に乗り換える方法

【STEP1】SIMロック解除できる機種か?

ドコモで買ったスマートフォンやタブレットには”SIMロック”がかかっています。ワイモバイルのSIMカードを使うためにはSIMロック解除をしなくてはいけません。まずはお持ちのスマートフォンやタブレットがSIMロック解除可能な機種かどうか確認しましょう(2015年夏以前に発売された機種のなかにはSIMロック解除できない場合もあります)。ドコモのホームページで確認できますよ。

【ドコモ】SIMロック解除対応機種

【STEP2】Y!mobile(ワイモバイル)「動作確認済機種」か?

つづいて、お持ちの機種がY!mobile(ワイモバイル)の「動作確認済機種」かどうかをチェックします。ワイモバイルのホームページで確認できます。機種名が記載されていればひとまずOKです。

【Y!mobile(ワイモバイル)】動作確認済機種一覧

メーカー(SONY、Goole、Samusungなど)を選択し、「他キャリア」タブをタップします。「機種名」にお持ちの機種名、「キャリア」にdocomoと書かれていることを確認しましょう。

転送設定できないドコモ機種に注意しよう

一部のドコモ端末は転送設定できません。どの機種が転送不可であるかは動作確認済機種一覧で確認できます。

【STEP3】お住いのエリアで使えるか?

都市部にお住まいの方は問題ないのですが、そうでない方は注意が必要です。都市部では使える機種であっても、山間部ではつながらないといった困った事態になることもありますお住まいの地域やご利用のエリアで使えるかどうかチェックしておきましょう。チェック方法を書いておきますね。

【STEP3-1】機種の対応周波数をチェック

お持ちのドコモの端末がどの周波数帯に対応しているのかチェックします。周波数帯というのは電波の種類と考えていただければよいです。ドコモのホームページに各機種の対応周波数帯が掲載されています。

ここでは一例を挙げて説明します。

例:Xperia Z2 SO-03F

機種名「Xperia Z2 SO-03F」でグーグル検索すると、ドコモの公式ホームページがヒットします。

「機能一覧」のなかの「基本スペック」を見ます。「対応周波数」が掲載されていますので、どの周波数に対応しているかチェックします。

↑「Xperia Z2 SO-03F」の場合は、2GHz、1.7GHz、1.5GHz、800MHzに対応していることが分かりますね。

【STEP3-2】Y!mobile(ワイモバイル)のエリアをチェック

ワイモバイルの対応周波数帯は、2.5GHz、2.1GHz、1.7GHz、900MHzです。ドコモの「Xperia Z2 SO-03F」が対応している周波数と見比べてみます。

ワイモバイル ドコモ
例:Xperia Z2 SO-03F
2.5GHz
2.1GHz
2GHz
1.7GHz
1.5GHz
900MHz
800MHz

今回の例では共通するのは1.7GHzだけです。つまり、1.7GHzのエリアでしかつながらないことになります。では1.7GHzはどのエリアで使われているのでしょうか。ワイモバイルのホームページで調べることができます。

たとえば⇒【Y!mobile(ワイモバイル)】1.7GHzエリア

東京では広いエリアで使用可能です。

一方、北海道では札幌や帯広などの都市部を除いてほどんとエリア外です。

以上のように、ドコモとY!mobile(ワイモバイル)では共通する周波数が少ないことから、エリアによってはつながらない場合もあります。

各周波数に対応するエリアについてはこちらのページから調べることができます(スクロールしてページ下方の「他社が販売する携帯電話機を利用する際のご注意事項」をご覧ください)。

【Y!mobile(ワイモバイル)】周波数別サービスエリア

最後に

ドコモとワイモバイル(=ソフトバンク)では使用している周波数が違います。ドコモが販売している端末は、機種によっては、ワイモバイルの周波数に対応していない場合もあります。都市部で使う分にはほぼ問題ないのですが、地方では注意が必要です。

といっても、最近ではワイモバイルの周波数に対応した機種がドコモから数多く発売されています。実際に、私がドコモで購入したXPERIA SO-05Kもワイモバイルに対応していました。SIMカードのみを差し替えればワイモバイルの料金プランで通話やインターネットを楽しめます。

以下の記事も参考にドコモからワイモバイルにお得にのりかえましょう!

ドコモからワイモバイルに乗り換え!ベストタイミングと手続流れ(MNP手順)

SIMカード契約特典情報
【オンライン限定特典】
合計最大12,300円相当お得です!!

特典1.どこでももらえる特典
PayPayボーナスライト
3,000円プレゼント

↓Yahoo!JAPAN IDでエントリー!↓

特典2.PayPayキャンペーン
PayPayボーナス
最大6,000円プレゼント!

特典3.事務手数料無料
通常3,300円が無料
↓公式オンラインストア限定!↓

<手続き流れ>
前月までに取得したYahoo!JAPAN IDで「どこでももらえる特典」エントリー。そのあと、ワイモバイル公式オンラインストアからSIMカードを申し込めばOK!!

Y!mobile(ワイモバイル)SIMキャンペーンについて詳しくはコチラ

Copyright© 格安スマホ&SIMへ乗り換えガイド , 2020 All Rights Reserved.