Softbank(ソフトバンク)から乗り換え

ソフトバンクからワイモバイルにSIMのみ乗り換え!必要知識を具体的に説明します

更新日:

ソフトバンクで購入したスマートフォンにワイモバイルのSIMカードを挿入すれば毎月の通信費を簡単に節約できます。最低限必要なのはSIMロック解除のみ。基本的にはデータ移行の作業は不要です(バックアップを取っておく方が安心ですが)。

・・・といっても、いろいろと不安ですよね。

この記事ではソフトバンクからワイモバイルへSIMのみ乗り換える方が知っておくべき情報をお伝えしたいと思います。参考にどうぞ。

最新特典情報
【オンライン限定特典】
合計6,300円相当お得です!!

特典1.どこでももらえる特典
PayPayボーナスライト
3,000円プレゼント

↓Yahoo!JAPAN IDでエントリー!↓

特典2.事務手数料無料
事務手数料通常3,300円が無料
↓公式オンラインストア限定!↓

<手続き流れ>
前月までに取得したYahoo!JAPAN IDで「どこでももらえる特典」エントリー。そのあと、Y!mobile(ワイモバイル)公式オンラインストアからSIMやスマートフォンを申し込めばOK!

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える方向けキャンペーンについて詳しくはコチラ

ソフトバンク機種(iPhone/android)はワイモバイルSIMで使えます

ソフトバンクで購入した機種(iPhone/android)はワイモバイルのSIMカードで使えます。というのも、ワイモバイルの周波数に対応しているためです。当たり前のことですが、ソフトバンク株式会社がワイモバイルを運営していますので、ソフトバンクとワイモバイルでは同じ周波数の電波を使っています。

SIMロック解除は必要

ただし、ソフトバンクで購入した端末をワイモバイルSIMで使うにはSIMロック解除が必要です。2015年5月以降に発売された機種であればSIMロック解除できます。

一方、2015年4月までに発売された機種はSIMロック解除できない可能性が高いです(たとえば、iPhone6/6plus/5s/5等はSIMロック解除非対応)。

SIMロック解除の義務化

総務省の施策により”SIMロック解除”が義務化されました。対象は2015年5月以降に販売された機種です。たとえば、ソフトバンク版iPhone6/6plus/5s/5等の古い機種は対象となっていないため、SIMロック解除できません。

SIMロック解除の条件~支払い済み端末ならいつでもOK~

すでに機種代金の支払いを終えている端末であれば、いつでもSIMロック解除できます(※一括購入割引・機種購入サポートを受けた場合は101日目以降ならOK)。

分割払い中の場合、購入日から101日以上経過すればSIMロック解除可能です。

SIMロック解除の流れ~My SoftBankなら無料~

SIMロック解除手続はパソコンやスマートフォン(My SoftBank)からできます。手数料は無料。電話やソフトバンクショップで行うと3,000円の手数料が発生します。手数料を節約したい方は、My SoftBankからご自分でSIMロック解除を行うのがおすすめです。

My SoftBankでの受付時間:9:00~21:00

SIMロック解除は事前にやっておくと良いですよ。特にデメリットはありません。

【SIMロック解除の手続流れ】

  1. 携帯電話の製造番号(IMEI番号)を確認
  2. My SoftBankにアクセス
  3. SIMロック解除キーをメモ(iPhone・iPad以外)

★ソフトバンク端末SIMロック解除の条件や手続については以下の記事を参考にどうぞ。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるならSIMロック解除は必要!条件や手続流れをチェックしよう

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換え時に必要な初期費用は最低3,000円

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換え時に必要な初期費用は「契約事務手数料」「MNP転出手数料」「契約解除料」です。

  • 契約事務手数料(ワイモバイルへ支払い):0円または3,000円
  • MNP転出手数料(ソフトバンクへ支払い):3,000円
  • 契約解除料(ソフトバンクへ支払い):0円または9,500円

契約事務手数料3,300円

ワイモバイルの「契約事務手数料」は3,300円です。初回の料金に合わせて請求されます。オンラインでの申込みならこれだけですが、実店舗ですと、さらに別の手数料を課している場合があるようです。申込み時に明細をきちんと確認するようにしましょう。

【参考】契約事務手数料が無料に(ワイモバイル公式オンラインストア限定)

ワイモバイルへの乗り換え時にオンラインストアを利用すると、契約事務手数料は無料です。ワイモバイル公式オンラインストア限定のキャンペーンです。お得ですね。

★契約事務手数料について詳しくはワイモバイル公式オンラインストアでご確認ください

ワイモバイル公式オンラインストアを見てみる

MNP転出手数料3,000円

つづいて、「MNP転出手数料」が3,000円です。ワイモバイルに乗り換え後も同じ携帯番号を使い続ける方は、MNP(携帯番号ポータビリティ)を利用します。ソフトバンクにMNP転出の依頼をするとともに、手数料を支払います。回線切替が完了した日、つまりワイモバイル回線が開通した日を含む請求月にソフトバンクから請求がきます。

*ソフトバンクからワイモバイルへ番号移行する方はMNP予約番号の取得は不要です。ワイモバイル側で内部処理します。

契約解除料0円(または9,500円)

2019年9月13日以降、ソフトバンクの新料金プラン「基本プラン(音声/データ)」を契約した方は契約解除料無料です。また、新料金プランに変更した場合も契約解除料無料です。

以前は契約更新月以外の解約は契約解除料が9,500円必要でした。いわゆる”2年縛り”と呼ばれる契約ですね。ソフトバンクの新料金プランでは2年縛りがなくなりました◎。

★ソフトバンク新料金プランの契約解除料無料については以下の記事を参考にどうぞ

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換え時に違約金免除(契約解除料0円)にする方法

【ソフトバンク】新料金プランは契約解除料0円

2019年9月13日にスタートしたソフトバンクの新料金プラン「基本プラン(音声)」。データ定額サービスと合わせて「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」といったサービス名で提供されています。

新料金プランに対応した「ウルトラギガモンスター+」や「ミニモンスター」を契約した方、料金プランを変更した方は契約解除料0円でソフトバンクを解約できます。契約解除料0円なら契約更新期間を待たなくても気軽に解約できますね。

*年間契約があるプランから「基本プラン」に変更した当月に解約すると契約解除料が発生します。該当する方はプラン変更の翌月以降にワイモバイルへ乗り換えましょう。

2年契約の途中解約は契約解除料9,500円

ソフトバンクの旧料金プラン「通話基本プラン、スマ放題/スマ放題ライト、ホワイトプラン/標準プラン、データバリューパック」(2019年9月12日受付終了)等の2年契約を結んでいる場合、契約更新月以外に解約すると最大9,500円の契約解除料が必要です。ご注意くださいね。

引き継ぎできること・できないこと

ソフトバンクからワイモバイルへSIMのみ乗り換える場合、引き継ぎできること・できないことを以下にまとめておきますね。

項目 引継ぎ可否
電話番号
データ
アプリ
FeliCa残高
メールアドレス ×
オプションサービス ×

○電話番号

ソフトバンクで使っていた携帯電話番号はワイモバイルに乗り換え後も使えます。乗り換えの際にMNP(番号ポータビリティ)転出・転入の手続をすればOK。ソフトバンクでMNP転出番号を発行してもらい、MNP転出番号をワイモバイルに伝えるだけです。すべてオンラインで手続きできます。

△データ

ワイモバイルSIMに乗り換え後もスマートフォン内のデータはそのまま残っています(機種変更をするわけではないので当然ですね)。念のため、連絡先や写真などの大切なデータはバックアップを取っておきましょう。iPhoneならiCloudやiTunesでバックアップできます。また、androidならmicroSDカードでバックアップできます。

△アプリ

基本的にアプリもそのまま使えます。ただし、ソフトバンク公式アプリなどソフトバンク契約と結びついているアプリに関しては乗り換え後は使えない可能性が高いです。

△FeliCa残高

現在利用しているスマートフォンがFeliCa機能(おサイフケータイ)に対応していればワイモバイルSIMに乗り換え後もおサイフケータイ®︎として使うことができます。基本的には電子マネー残高も継続されます。詳しくは電子マネーを提供している各社でご確認くださいね。

×メールアドレス

ソフトバンクのメールアドレス(@i.softbank.jp/@softbank.ne.jp)を継続利用することはできません。乗り換えが完了した時点でソフトバンクのメアドを使うことができなくなります。

なお、ワイモバイルのメールサービスは、ブラウザやタブレット、パソコン等でWebメールとしても扱えるメールアドレス「@yahoo.ne.jp」と、キャリア用に使えるメールアドレス「@ymobile.ne.jp」、電話番号で使えるSMSと合計3種類あります。いずれも月額無料で使えます。

×オプションサービス

ソフトバンクのオプションサービス(たとえばテザリングオプション、通話オプションなど)を引き続き使うことはできません。

ソフトバンクからワイモバイルSIMのみ乗り換えにベストなタイミング

「契約解除料」が無料になる月の「締め日」7日前頃を考慮してソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングを計画するのがおすすめです。

「契約解除料」

「契約解除料」については、2019年9月13日にスタートした新料金プラン(ギガモンスター+/ミニモンスター)でご契約中の方はいつ解約しても契約解除料は無料です。

一方、2019年9月12日以前の旧料金プランでご契約中の方が現在の料金プランのまま解約すると契約解除料9,500円が発生する可能性があります。料金プランを変更するか、契約更新月を狙って乗り換え手続きを進めましょう。

「締め日」

「締め日」については、毎月10日、20日、末日の3タイプがあります。それぞれ10日前頃を目安に乗り換えるのがおすすめです。というのも、ソフトバンクの定額プランは解約月の日割りがありません(つまり、1日でも使えば丸々1か月分料金が発生)。また、締め日ギリギリなってしまうと、手続きに不備があった場合時間に余裕がなくなってしまう懸念があるからです。

★ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングについては以下の記事を参考にどうぞ

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるベストタイミングは「契約解除料」無料月の「締め日」7日前頃!

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換え手順

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えはオンラインストアで簡単に手続きできます。流れは以下のとおりです。

【乗り換え手続き流れ】

  1. SIMロック解除
  2. ソフトバンクでMNP転出番号を入手
  3. ワイモバイル公式オンラインストアから申し込み
  4. ワイモバイルSIMカードを受け取り
  5. 回線切替の手続
  6. アクセスポイント設定(APN設定)

★乗り換え手続き方法について詳しくは以下の記事を参考にしてくださいね

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換え!デメリットから申込手順まで詳しく解説します

キャンペーン情報

残念ながらソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは、他社からの乗り換えに比べキャンペーンが少ないです。ですが、念のためキャンペーン情報を確認しておくことをおすすめします。

最新特典情報
【オンライン限定特典】
合計6,300円相当お得です!!

特典1.どこでももらえる特典
PayPayボーナスライト
3,000円プレゼント

↓Yahoo!JAPAN IDでエントリー!↓

特典2.事務手数料無料
事務手数料通常3,300円が無料
↓公式オンラインストア限定!↓

<手続き流れ>
前月までに取得したYahoo!JAPAN IDで「どこでももらえる特典」エントリー。そのあと、Y!mobile(ワイモバイル)公式オンラインストアからSIMやスマートフォンを申し込めばOK!

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える方向けキャンペーンについて詳しくはコチラ

Copyright© 格安スマホ&SIMへ乗り換えガイド , 2020 All Rights Reserved.