ワイモバイルはソフトバンク回線!ドコモ端末(機種)を使える?確認方法と乗り換えるメリット・デメリット

テレビコマーシャルでおなじみのY!mobile(ワイモバイル)。格安料金でスマートフォンやタブレット、ケータイなどを提供しているとあって、大人気みたいですね。ワイモバイルへ乗り換える人が急増中です。ドコモ端末をお持ちの方はSIMカードのみを契約すればOK!もちろん、ワイモバイルで格安スマホやタブレット、携帯などを購入することもできますよ。

この記事ではワイモバイルの通信回線のご案内とドコモから乗り換えるメリット・デメリットなどを説明します。ドコモから乗り換えを検討中の方は参考にどうぞ。

Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンク回線だから、広いエリアで使える

ワイモバイルはソフトバンクと同じ通信回線を使っています。当然ですよね。ソフトバンクのサブブランドという位置づけですが、実態は同じなのですから。

通話・通信エリアはドコモとほぼ同じと考えてOKです。日本全国、広範囲で使えますよ。ただし、山間部や都市から遠く離れた場所でお使いになりたいとお考えの方は、念のためワイモバイル(=ソフトバンク)の通信エリアを確認しておきましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)の通信エリア

また、ワイモバイルは海外ローミングにも対応しており、諸外国でも通話・通信ともに使えます(海外でご利用の際には申込みが必要です)。

Y!mobile(ワイモバイル)で使えるドコモ端末(機種)の調べ方

お持ちのドコモ端末をそのまま使い続けたい方は、ワイモバイル(=ソフトバンク回線)で使えるかどうか気になりますよね。お持ちの端末がワイモバイルのSIMカードに対応しているかどうか確認する方法をご案内しますね。

ワイモバイルのSIMカードをドコモ端末に挿入して使います☆

お持ちのドコモ端末にはドコモのSIMカードが挿入されています。乗り換え後はワイモバイルのSIMカードに差し替えるだけです。なお、SIMカードとは、登録情報の書き込まれた小さなチップのことです。

「接続実績のある他社端末」をチェックしよう!

以下リンク先ページを少しスクロールしていただくと「接続実績のある他社端末」という欄があります。お持ちのスマホやタブレット等の機種が一覧に掲載されていれば、ワイモバイルのSIMカードに対応しています。

ワイモバイル(公式)【接続実績のある他社端末】

ドコモ版iPhone

以下のドコモ版iPhoneはワイモバイルのSIMカードに対応しています。

  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s

ドコモ版android

ドコモ版アンドロイド端末は、一部エリアで使用できない可能性があります。

ドコモ版アンドロイド端末をワイモバイルで使いたい方は必ず以下の記事をご覧ください。

参考 Y!mobile(ワイモバイル)SIMでドコモ端末を使える?3ステップで確認する方法~アンドロイド編~

ワイモバイルSIMカード契約キャンペーン中

ドコモからの乗り換えでワイモバイルSIMカードを契約すると、キャンペーン特典の対象となります(オンライン申込限定)。ご興味のある方は、以下リンク先ページをスクロールしていただき、「SIM単体契約時特別キャンペーン」欄をチェックしてみてくださいね。

ワイモバイルキャンペーンの詳細・内容

ドコモからY!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるメリットとデメリット

お持ちのドコモ端末をワイモバイルで使える方やワイモバイルでスマートフォンなどを購入される方は、あとになって「失敗した…!」なんて事態にならないように、ドコモからワイモバイルに乗り換えるメリットとデメリットをしっかり理解しておきましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるメリット

安い料金でスマホを使える

最大のメリットは月額料金を節約できる点です。ドコモでは一番安いプランで見積もっても月額約5,500円は必要。一方でワイモバイルなら月額料金約3,000円からスマートフォンを利用できます(実際は各種割引が適用され、もっと安い料金になりますよ☆)。約半額の料金でスマートフォンを利用できる計算ですね。

10分以内なら何度でも無料で通話できる

ドコモにも通話かけ放題のプランはありますが、月額料金2,700円が必要。ワイモバイルでは1回10分以内の通話なら何度でも無料です。基本プランについているため別途月額料金を支払う必要はありません。

現在使用中の電話番号をそのまま使える

モバイルナンバーポータビリティ(MNP)という制度を利用して、ドコモで使っていた携帯電話番号をそのままワイモバイルでも使えます。手続きについては後ほど説明しますね。

メールアドレス(@yahoo.ne.jp)をもらえる

ワイモバイルユーザー専用のメールアドレスを取得できます。スマートフォンのアプリでメールを簡単に送受信できますよ。

家族割引サービスで家族のスマホ代を節約できる

家族割引サービスを申し込めば、2回線目以降の月額料金が500円割引となります。

無料でYahoo!プレミアム会員になれる

通常は月額462円かかるYahoo!プレミアム会員ですが、ワイモバイルユーザーなら無料でYahoo!プレミアム会員になれますよ。Yahoo!ショッピングやLOHACOでお買い物をするとTポイントが5倍貯まります。

LINEのID検索ができる

ワイモバイルのスマホやSIMではLINEのID検索を利用できます(=LINEの年齢認証に対応)。ワイモバイルは格安で通信を提供していますが、ソフトバンクと同一の会社です。ソフトバンクモバイルで利用できるサービスはほぼワイモバイルでも使えます。ちなみに、他の格安スマホ会社(MVNO)のSIMではLINEのID検索は使えません。こういった面からも、ワイモバイルのメリットは大きいですね。

Y!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるデメリット

ドコモからワイモバイルへ乗り換えるに際してはメリットの方が大きいとは思います。ですが、やはりデメリットもあります。ドコモを解約することになりますので、以下3点には注意しておきましょう。

ドコモメール(@docomo.ne.jp)が使えない

ワイモバイルに乗り換えるとドコモメールが使えなくなります(他社に乗り換えた場合も同じですね)。最近はメールではなくLINEなどのメッセージアプリを使う方も多いので、ドコモメールを使えなくてもそれほど影響はないかもしれません。

ドコモのファミリー割引から外れる

家族でドコモを使っている方はファミリー割引を受けていらっしゃいますよね。ワイモバイルに乗り換えた場合、残念ながらドコモのファミリー割引の対象外となってしまいます。当然ですね。家族でワイモバイルに乗り換えれば、ワイモバイルの家族割が適用されますよ(申込みが必要です)。

データ移行や初期設定を自分でやらなくてはいけない

ドコモでは窓口の店員さんが手取り足取りデータ移行や初期設定をやってくれますが、ワイモバイルにはそのような手厚いサービスはありません(有料500円でサポートサービスを受けることはできます)。ユーザーが自分でデータ移行や初期設定をやる必要があります。その分、格安なわけですね。

最後に

ドコモからワイモバイルに乗り換えるベストタイミングやドコモへの違約金、手続の流れ等についてお知りになりたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

参考 Y!mobile(ワイモバイル)へドコモから乗り換え!ベストタイミングと手続流れ(MNP乗り換え方法)

ワイモバイルへドコモから乗り換え!ベストタイミングと手続流れ(MNP乗り換え方法)
ドコモからY!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるための手続きを解説します。電話番号はそのまま引き継げますよ。難しい手続きが必要なイメージですが、実際にやってみるととても簡単です。初めての方でもご安心ください。お持ちのドコモ端末にはドコモのSIMカードが挿入されています。乗り換え後はワイモバイルのSIMカードに差し替えるだけです。
Y!mobile(ワイモバイル)
月額料金が安い
通信速度が速い
10分以内の通話なら何度でも無料
iPhoneの取扱いあり
機種が豊富
SIMカードのみ契約OK
月額料金のシミュレーションも出来ます☆