格安スマホ&SIMへ乗換えガイド

格安スマホや格安SIMへの乗換えに役立つ情報をお届けします。光回線のセット割引についても紹介しています。

iPhone SIM(シム) Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)で他社iPhone6/6 Plus/6s/6s Plusを使う方法早わかり!

更新日:

Y!mobile(ワイモバイル)のSIMカードで、他社購入したiPhone6/6 Plus/6s/6s Plusを使う方法を紹介します。2014~15年頃に発売されたiPhone6/6 Plus/6s/6s Plusですが、まだまだ現役で使っていらっしゃる方も多いですよね。ワイモバイルに乗り換えると、速度は速いまま通信料が安くなりますよ。

SIMカード契約特典情報
【オンライン限定特典】PayPayボーナスライトプレゼントキャンペーン
*ソフトバンク回線各社からののりかえは対象外

新規・のりかえ(MNP):いつでも3,000円相当もらえます!!

のりかえ(MNP)なら、5のつく日がさらにお得!! ↑
毎月5日、15日、25日に申し込むと6,000円相当もらえます!!

◎当キャンペーンはYahoo!JAPAN内ワイモバイルストアの特典です

目次

Y!mobile(ワイモバイル)でiPhone6/6 Plus/6s/6s Plusを使えるか確認する

ワイモバイルでiPhone 6/6 Plus/6s/6s Plusが使えるかどうかまずは公式サイトで確認しましょう。

接続実績のある他社端末

<Y!mobile(ワイモバイル)に対応しているiPhone(公式サイトより抜粋)>

購入先 機種名
SIMフリー版 iPhone 6、6 Plus、6s、6s Plus
SoftBank/docomo/au SIMロック解除版 iPhone 6s、6s Plus

【SIMフリー版】iPhone 6/6 Plus/6s/6s Plusは使える?

アップル社が販売したSIMフリー版のiPhone6/6 Plus/6s/6s Plusはワイモバイルで使えます。

【ソフトバンクsoftbank/ドコモdocomo/au版】iPhone6/6 Plus6s/6s Plusは使える?

ソフトバンク、ドコモ、auが販売したiPhone 6s/6s Plusはワイモバイルで使えます。ただし、SIMロック解除が必要です。SIMロック解除方法については後述しますね。

なぜ、他社版iPhone 6/6 plusはワイモバイルに対応していない?

ソフトバンクやドコモやauから販売された「iPhone 6」「iPhone 6 plus」は、SIMロック解除できません。ですから、ワイモバイルのSIMカードで使えないんです。「iPhone 6」「iPhone 6 plus」が発売されたのは2014年9月頃なのですが、その頃はまだSIMロック解除が義務化されていませんでした。総務省の施策により2015年夏にSIMロック解除が義務化され、「iPhone 6s」以降のアイフォンはSIMロック解除できるようになっています。というわけで、残念ながら他社版の「iPhone 6」「iPhone 6 plus」はワイモバイルでは使えないんですね・・・。

Y!mobile(ワイモバイル)でSIMフリー版iPhone6/6 Plus/6s/6s Plusを使うならテザリングも可能

SIMフリー版iPhoneはテザリングも可能です。公式サイトにも記述があります。

ソフトバンクやドコモ、au版のiPhone 6s/6s PlusについてもSIMロック解除をしていれば、テザリング可能となりましたよ!公式サイトでは言及がないですよね。以前は「テザリングできません」と明示してあったのですが今はその記述が消えています。…というわけで、他社で購入したiPhone 6s/6s Plusをお持ちの方もテザリングOKです。もちろん、SIMロック解除をお忘れなく!

テザリングとは?

スマートフォン(ここではiPhone)をWi-Fiルーターとして、タブレットやパソコン、ゲーム機器などさまざまな機器をインターネットにつなぐ機能のことをテザリングといいます。すごく便利な機能ですよね☆

Y!mobile(ワイモバイル)にiPhone6/6 Plus/6s/6s Plusを持ち込む場合はSIMカードのみを契約

お手持ちのiPhone6/6 Plus/6s/6s Plusをワイモバイルで使う場合、SIMカードのみを契約することになります。

iPhone6/6 Plus/6s/6s PlusのSIMカードのサイズはnanoです。カードサイズを選択するときは間違わないようご注意くださいね。

ワイモバイルの「音声USIMカード」(いわゆるSIMカード)について基本的なことを知りたい方は以下の記事をご覧ください。

「音声USIMカード」とは?

Y!mobile(ワイモバイル)でiPhone6/6 Plus/6s/6s Plusを使うときの料金プラン

ワイモバイルの料金プラン「スマホベーシックプラン」はとってもシンプルです。月のデータ通信容量ごとに「S」「M」「R」と分かれています。ユーザーはご自分の使用量に合うものを選べばOK。新規割で6ヵ月間毎月700円割引となっています。さらに、増量キャンペーン中につき、それぞれ使用できるデータ容量が増えていますよ。

スマホベーシック
プラン
S M R
月額料金 2,680円 3,680円 4,680円
新規割
(6ヵ月間)
-700円 -700円 -700円
データ増量無料キャンペーン★
(2年間)
3GB

4GB
9GB

12GB
14GB

17GB
国内通話料 1回10分以内国内通話料無料
★「データ増量無料キャンペーン」は2019年11月28日受付分までの限定キャンペーンです

途中で容量が少ない、または多いと感じたら料金プランを変更することも可能です。「My Y!mobile」または「電話116」で手続きをします。また、一時的に容量が足りない場合は追加することもできます。500MB/500円。

「スマホベーシックプラン」には「だれとでも10分かけ放題」が付いています

「スマホベーシックプラン」には通話無料サービスも基本使用料に含まれていますよ。他社のスマホやケータイや自宅・会社の固定電話へも、1回あたり10分以内の国内通話が、すべて通話料0円。1回の通話が10分以内なら何度かけても通話料無料です。10分を超えた通話は国内20円/30秒となります。

「スマホベーシックプラン」は2年縛りナシ&契約解除料無料

「スマホベーシックプラン」に契約期間の縛りはありません。つまり、いつでも解約OK。契約解除料も無料です。

初期費用はいくら?

初期費用としてまず必要なのは、ワイモバイルに支払う「契約事務手数料」3,000円です。

また、番号ポータビリティ(MNP)を利用して携帯番号を継続して使う場合、転出元に支払う「MNP転出手数料」が発生します。「MNP転出手数料」は会社ごとに異なります。ドコモ2,000円、ソフトバンクとau3,000円です。

ですから、番号ポータビリティ(MNP)で乗り換える場合、合計で

  • ドコモから乗り換える方:5,000円
  • ソフトバンク・auから乗り換える方:6,000円

以上が初期費用となります。

★ワイモバイルオンラインストアなら初期費用(通常3,000円)が無料です。

【Y!mobile(ワイモバイル)】オンラインストア(事務手数料無料)はこちら

↑↑↑ソフトバンクからお乗り換えの方におすすめです。

オンライン限定割引キャンペーンを上手に利用しよう

オンラインで音声SIMカード(ワイモバイルでは「音声USIMカード」と表現しています)を申し込む方を対象にキャンペーンを実施しています。お得にスタートしたい方は上手に利用しましょう。

SIMカード契約特典情報
【オンライン限定特典】PayPayボーナスライトプレゼントキャンペーン
*ソフトバンク回線各社からののりかえは対象外

新規・のりかえ(MNP):いつでも3,000円相当もらえます!!

のりかえ(MNP)なら、5のつく日がさらにお得!! ↑
毎月5日、15日、25日に申し込むと6,000円相当もらえます!!

◎当キャンペーンはYahoo!JAPAN内ワイモバイルストアの特典です

Y!mobile(ワイモバイル)でiPhone6/6 Plus/6s/6s plusを使うために必要な物

ワイモバイルに乗り換える方は、クレジットカードと本人確認資料を用意しておきましょう。

  • クレジットカード:本人名義でなくても大丈夫です。お持ちでない方はご家族のクレジットカードを利用することもできます(ご家族にはきちんと了解を得てくださいね)
  • 本人確認資料:運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証+住民票など

本人確認資料はiPhoneやデジカメで写真を撮っておきましょう。オンラインでの申し込み時に、アップロードします。

Y!mobile(ワイモバイル)に手持ちのiPhone6/6 Plus/6s/6s plusで乗り換えるまでの手続流れ

ここからは手続きの流れを簡単に説明します。

乗り換えのタイミング

現在の他社でのご契約を確認しましょう。ほとんどの方が”2年縛り”の契約を結んでいるはずです。契約更新期間以外でワイモバイルに乗り換えてしまうと違約金が発生します。違約金を支払っても早めに乗り換えた方がお得な場合もあります。計算してみましょう。

乗り換えのタイミングについて詳しく知りたい方はこちらの記事をあわせてご覧ください。

Ymobile(ワイモバイル)に乗り換えるベストなタイミングはいつ?

乗り換えの流れを1~5stepで解説!

ここではソフトバンクモバイルからの番号移行を例に説明しますね。ドコモやauも基本的な流れは同じです。

【step1】SIMロック解除
【step2】MNP転出*
【step3】Ymobile(ワイモバイル)へ申し込み
【step4】MNP転入*
【step5】スマートフォン、SIMカードの受取り

【step2・4】は携帯電話番号を変えずにそのまま使う方が必要な手続きです。

MNP転出・転入とは?

MNP(mobile number portabilityの略)は携帯電話番号(090~、080~、070~)を変えずに携帯会社を乗り換えられる制度。乗り換え元でMNP転出手続きをし、乗り換え先でMNP転入手続きをします。MNP転出の際、MNP予約番号を発行されます。

【step1】SIMロック解除

iPhone6/6s/6s plusで購入したiPhoneをワイモバイルで使う人は、SIMロック解除をしておきます。店頭や電話でも解除できますが、オンラインなら無料で解除できます

SIMロック解除とは?

他社のSIMカードを読み込めるようにすること。ソフトバンク、ドコモ、auは自社が販売するスマートフォンに、他社で使えないようにロックをかけています。そのロックを解除することを「SIMロック解除」といいます。

識別番号(IMEI)をiPhoneの画面で確認

iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」とタップ。IMEI番号が表示されます。IMEI番号はSIMロック解除の手続で必要になります。画面コピーするなり、書いておくなり控えておきましょう。

個人ページにログイン→SIMロック解除

各社の個人ページにログイン後、SIMロック解除画面で手続きをしてください。画面の指示に従って、IMEI番号を入力しましょう。

【step2】MNP転出

ソフトバンクモバイルで使っていた携帯電話番号をワイモバイルでも引き続き使う方は、MNP転出をします。まずはMNP予約番号をソフトバンクから取得します。オンライン、電話、店舗いずれでも手続き可能です。MNP転出手数料は3,000円です。

オンライン 電話(9:00~20:00) 店頭
ソフトバンク My SoftBank 携帯:*5533 その他:0800-100-5533

電話で手続きした場合は、予約番号がSMSで送られてきます。

MNP予約番号の有効期限は予約当日を含め15日間です。15日を過ぎてしまうと失効してしまいます。MNP予約番号を取得した方は有効期限内に乗り換えの手続をしましょう。

【step3】Y!mobile(ワイモバイル)へ申し込み

ここではY!mobile(ワイモバイル)オンラインストアからの申込み手続き流れを説明します。

【Y!mobile(ワイモバイル)】オンラインストアはこちら

★↑↑↑契約事務手数料(通常3,000円)無料♪ソフトバンクから乗り換える方におすすめ。

Yahoo!JAPANワイモバイルオンラインストアからの申込み手続きもほとんど同じ流れです(Yahoo!JAPAN IDでのログインが必要です)。

【Yahoo!JAPAN】ワイモバイルオンラインストアはこちら

★↑↑↑PayPayボーナスライト3,000円/6,000円相当ブレゼントキャンペーン中♪ドコモ、au、MVNOから乗り換える方におすすめ。

SIMカードのサイズを選択します。SIMカードのサイズは「nano」です。

契約方法は「のりかえ(MNP)・番号移行」を選択。

現在お使いの携帯会社を選択します。

オプションを選択します。「VoLTE(ボルテ)」「データ容量2倍オプション」は月額無料ですから選択しておきましょう。

後は画面の内容を確認して、「ご購入手続きへ」をタップします。次のページへ進みます。

【step4】MNP転入

MNP予約番号を取得した方は、MNP転入の手続を行います。「MNP予約番号」「転入予定の携帯電話番号」「MNP予約番号の有効期限」を入力します。

【step5】スマートフォン、SIMカードの受取り

氏名や住所、クレジットカード番号の入力、本人確認資料のアップロードが終了し、問題なければ、最短で翌日には新しいSIMカードがお手元に届きます。

Y!mobile(ワイモバイル)でiPhone6/6 Plus/6s/6s Plusを使うためのAPN設定

iPhone6/6 Plus/6s/6s Plus本体で「APN設定(アクセスポイントの設定)」をする必要があります。以下公式サイトより構成プロファイルをダウンロードすると、自動的にAPN設定ができます。設定が終了すると無事、開通となります。

他社が販売するiPhoneをY!mobile(ワイモバイル)で利用する

Y!mobile(ワイモバイル)でiPhone6/6 Plus/6s/6s plusを使う場合のメールアドレスと設定

ワイモバイルと契約すると2つのメールアドレスをもらえます(自分の好きなアドレスを作成できます。変更も可能)。

Y!mobile メール:iPhone、スマホ、PC、タブレットなど複数の機種からメールの送受信、管理が可能なマルチデバイスメール

  • ******@yahoo.ne.jp

MMS:カラフルな絵文字の利用や写真などを添付することもできるスマートフォン用のメール

  • ******@ymobile.ne.jp

「@yahoo.ne.jp」の設定方法

「My ymobile」にログインし、「Yahoo JapanID」をお持ちの方はさらに「Yahoo JapanID」を入力。お持ちでない方はそのまま進みます。

「Y!mobile メールアドレスの作成」でお好きなアドレスを作成します。

あとはiPhoneトップ画面の「設定」をタップし「メール/連絡先/カレンダー]を選択。メールの送受信設定をします。メール設定について詳しくは公式サイトをご覧ください。

[ iPhone ] メール設定方法(@yahoo.ne.jp)

「@ymobile.ne.jp」の設定方法

「設定」画面の「メッセージ」をタップ。

「MMSメッセージ」をONにし、「MMSメールアドレス」にご自身のメールアドレスを入力します。

Y!mobile(ワイモバイル)でiPhone6/6 Plus/6s/6s Plusを下取りに出すことも可能

iPhone6/6s/6s plusを下取りに出して、ワイモバイルのスマートフォン(iPhoneでもandoroidでもOK)を購入することができます。下取り価格は月額料金からの割引により還元されます(24回)。

【Y!mobile(ワイモバイル)】下取りプログラム(対象機種割引額一覧)

機種 下取り価格
iPhone6 3,600円(150円×24回)
iPhone6 plus 4,800円(200円×24回)
iPhone6s 4,800円(200円×24回)
iPhone6s plus 7,200円(300円×24回)

Y!mobile(ワイモバイル)でiPhone6シリーズがいつ発売される?→発売されるかどうかは分からないiPhone6sが発売されました!

iPhone6シリーズはとても人気の機種なので、ワイモバイルでの取り扱いが待たれるところです。ですが、今のところ発売されるといった情報はないみたいですね。iPhone6シリーズをお持ちでない方はアップルからSIMフリー版を購入することが可能ですよ。ワイモバイルのSIMカードを使えばOK。通話もインターネットも楽しめます。

(追記)

2017年10月より、ワイモバイルでも「iPhone6s」の取扱いが開始されました♪

ついにY!mobile(ワイモバイル)で「iPhone7」も発売開始となりました!!

Y!mobile(ワイモバイル)ではiPhone6sだけでなくiPhone7の発売も開始されました。iPhone7はiPhone6以前にはなかった機能を備えています。例えば、水やほこりに強い耐水・防塵性能。それから、交通系ICカードでお馴染みのSuicaが使えるApple Pay。カメラ性能もアップしています。大変な人気機種です♪

【Y!mobile(ワイモバイル)】iPhone7キャンペーン情報

最後に

ワイモバイルへの乗り換え手続きが不安な方は以下の記事も参考にしてみてくださいね。

【おすすめ記事】手順解説

SIMカード契約特典情報
【オンライン限定特典】PayPayボーナスライトプレゼントキャンペーン
*ソフトバンク回線各社からののりかえは対象外

新規・のりかえ(MNP):いつでも3,000円相当もらえます!!

のりかえ(MNP)なら、5のつく日がさらにお得!! ↑
毎月5日、15日、25日に申し込むと6,000円相当もらえます!!

◎当キャンペーンはYahoo!JAPAN内ワイモバイルストアの特典です

Copyright© 格安スマホ&SIMへ乗換えガイド , 2019 All Rights Reserved.