ahamo(アハモ) ワイモバイルから乗り換え

ワイモバイルからahamo乗り換えで損しないタイミング・違約金・メールアドレス引き継ぎ・MNPキャンペーン特典をもらうまでの手順を解説

Y!mobile(ワイモバイル)との契約が2年を過ぎると各種割引やデータ容量増量無料が終了になります。お得感が薄れてしまうため他社へ乗り換えを検討する方も多いのではないでしょうか。

乗り換え先としてahamo(アハモ)は魅力的ですよね。高速で安定したドコモ回線を利用できるうえ、月間20GBを格安料金2,970円で使えます。

この記事ではワイモバイルからahamo乗り換えを検討している方に向けて、申し込みのタイミングを紹介します。またあわせて、違約金やメールアドレス持ち運び、MNP手順等を解説しますね!

【最新】お得情報

データ容量20GBで月額2,970円
国内通話5分以内何度でも無料

↑いつ解約しても違約金0円◎↑

★他社から乗り換えでdポイント10,000ptもらえます(上記よりエントリーできます)★

ahamo「10,000dポイント進呈キャンペーン」の詳細はこちら

※スマホ購入は別途機種代⾦が必要です
※国内通話5分超過後は30秒22円の通話料がかかります。SMSや他社接続サービスなどへの発信は別途料⾦がかかります
※ahamoでは一部ご利用できないサービスがあります

目次

ワイモバイルからahamo乗り換えで損しないタイミングは月末20日頃

ワイモバイルは解約月の月額料金を日割りにしていません。解約月に1日だけ使ったユーザーに対しても丸々1ヶ月分の請求をします。

よってワイモバイルユーザーはできるだけ月末にahamoへ乗り換えた方が損をしないということになります。

余裕を見て毎月20日頃にahamoへ申し込むのがおすすめです。

もちろん、月間のデータ容量を使い切っている方は特に月末にこだわる必要はありません。月初でも中旬でもお好きなタイミングで乗り換えましょう。

なお、ahamoは新規契約月の月額料金を開通日から月末の料金で日割りにしています。

ワイモバイルからahamo乗り換えにかかる費用(違約金・MNP転出手数料・新規契約手数料)

ワイモバイルからahamo乗り換える方が気になるのが、ワイモバイルの違約金やMNP転出手数料、ahamoの新規契約手数料などの費用ではないでしょうか。

結論としてはすべて無料としたうえで乗り換えできます。

  • 違約金(契約解除料):ワイモバイル最大10,450円→無料にできます
  • MNP転出手数料:ワイモバイル無料
  • 新規契約手数料:ahamo無料

違約金最大10,450円→無料にする方法

ワイモバイルで以下の旧プランをご契約中の方が注意が必要です。 契約更新月以外にahamoへ乗り換えると違約金10,450円を請求されてしまいます。

  • スマホプラン
  • 4G-Sプラン
  • ケータイプランSS

よって、上記旧料金プランをご契約中の方は、違約金のない「シンプルS/M/L」 「スマホベーシックプラン(タイプ1)」あるいは「ケータイベーシックプランSS」 へ料金プラン変更をしたうえでahamo乗り換えがおすすめです。そうすれば違約金を負担しなくてすみます。

または契約更新月に乗り換えれば違約金の請求はありません。契約更新月はMy Y!mobileで確認できます。

なお、料金プラン変更は無料です。

2021年6月1日以降、下記の条件を満たしているお客さまについては、契約解除料を免除します。

「スマホプラン(タイプ1)」「ケータイプランSS」「4G-Sプラン」いずれかをご利用中で、「シンプルS/M/L」「スマホベーシックプラン(タイプ1)」あるいは「ケータイベーシックプランSS」へ変更申込をすること

出典:ワイモバイル公式サイト

変更後の料金プランは翌月から適用となります

変更後の料金プランが適用されていることをご確認の上、乗り換えの手続きを進めてくださいね。適用開始前に回線契約を解約をした場合、違約金10,450円を請求されてしまいますよ。

ワイモバイル料金プランの変更方法について詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

ワイモバイルからahamoへ乗り換え時にかかる違約金/手数料を総まとめ~準備しておくべき初期費用~

ワイモバイルからahamoへメールアドレスの引き継ぎ方法

ワイモバイルのメールアドレスを解約後も引き継ぐことができるようになりました(2021年12月20日より)。

1メールアドレスごとに年額3,300円の支払いが必要になります。ですが、どうしても継続したという方はメールアドレス持ち運びサービスを利用しましょう。

引き継ぎ(持ち運び)可能なワイモバイルメールアドレス

ahamoへ引き継げるワイモバイルのメールアドレスは以下のとおりです。

MMSY!mobileメール
@ymobile.ne.jp
@emobile-s.ne.jp
@wcm.ne.jp
@willcom.com
@pdx.ne.jp
@●●.pdx.ne.jp
@y-mobile.ne.jp
@yahoo.ne.jp

ほとんどの方が「 @ymobile.ne.jp 」や「 @yahoo.ne.jp 」をお使いですよね。

乗り換え後「 @ymobile.ne.jp 」はスマートフォンやメールアプリの設定が必要です。

一方、 「 @yahoo.ne.jp 」 はY!mobileメール設定済みの iPhone/Android を引き続き使う場合は特段の設定なくそのまま
使うことができます。

「メールアドレスの持ち運び」申し込みが必要

ただし、両アドレスともに引き継ぐ場合にはワイモバイル解約後31日以内に「メールアドレスの持ち運び」申し込みが必要となります。My Sftbankから手続きできます。

【注意】ワイモバイル解約前に「SoftBank ID」を確認しておきましょう

ワイモバイル解約前に必ずご自分の「SoftBank ID」を確認しておいてください。メールアドレスを引き継ぐ際に必要です。

なお、「 SoftBank ID 」はワイモバイル回線の契約時に皆さん発行されていますよ。

ご自分の「SoftBank ID」はMy Y!mobileの「アカウント管理」から確認できます。

My Y!mobile ログイン>(メニュー)をタップ>「アカウント管理」をタップ>「SoftBank IDの設定」をタップ

ahamoの申し込みに必要なもの4つを準備しておこう

ahamoの申し込みに必要なものは4つ。事前に準備しておきましょう。

1.ahamo契約者は20歳以上!あなたの本人確認資料を準備しよう

本人確認書類は氏名、生年月日、現住所が記載されており、すべて有効期限内のものを用意します。

  • 運転免許証(都道府県公安委員会発行のもの。国際運転免許証除く)
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 健康保険証+補助書類(補助書類:公共料金領収書/住民票)
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳(障がい者手帳)
  • 療育手帳

などのいずれか1点

スマホやデジカメで写真を撮るかスキャナーでスキャンしておきましょう。申し込み画面でファイルをアップロードします。

運転免許証や健康保険証の場合は裏面のデータも必要です。裏面も撮影またはスキャンしておきましょう。

本人確認資料がアップロードできない・・・時はファイルサイズを縮小しよう

本人確認資料がアップロードできないときはファイルのサイズを縮小してみることをおすすめします。ドコモオンラインショップでは、ファイルサイズ5MB以下が推奨されています。ahamo(アハモ)においても同様サイズのファイルでないとアップロードできない可能性があります。なお、ファイル形式はJPEGです。

保護者が契約者になり未成年の子供を利用者にすることは可能です

なお、契約者は20歳以上ですが、20未満の子供を利用者として登録することは可能です。申し込み画面の途中で「契約者と利用者が異なり利用者の年齢が20歳未満」を選択しましょう。

2.契約者本人名義のクレジットカードまたは銀行口座を用意しよう

ahamo(アハモ)の支払いにはクレジットカードまたは銀行口座を利用できます。

カード名義/口座名義とahamo(アハモ)契約者が同一の場合のみ申し込みできます。

利用可能なクレジットカード

ahamo(アハモ)では以下のクレジットカードを支払いに利用できます。

VISA、MASTERCARD、dカード、UCカード、JCBカード、MUFGカード、DCカード、NICOSカード、NTTグループカード、三井住友カード、アメリカン・エクスプレスカード、ダイナーズクラブカード、セゾンカード、セディナカード、セディナカード(OMC)、ジャックスカード、アプラスカード、オリコカード、ライフカード、楽天カード、イオンカード、日専連カード、ティーエスキュービックカード

利用可能な金融機関口座

都市銀行、地方銀行、信用組合、ゆうちょ銀行等の金融機関口座を利用可能です。

個別の金融機関名を確認したい方ははahamo(アハモ)公式サイトでご確認くださいね。

ahamo(アハモ)利用可能な金融機関一覧を見てみる

ホーム>サポート>お支払・ご請求>利用可能なクレジットカード・金融機関口座に一覧が表示されています。

3.フリーメールアドレスを準備する

ahamo(アハモ)申し込み時にメールアドレスの登録が必要になります。GメールやYahoo!メールといったフリーメールアドレスの取得をおすすめします。

なお、ご存じのとおり、ahamo(アハモ)ではキャリアメール(●●●@docomo.ne.jp)の発行はありません。

4.ahamo(アハモ)申し込み時に必要なdアカウントを取得しておこう

ahamo(アハモ)申し込みにはdアカウントが必要になります。dカウントをお持ちでない方は事前に発行しておきましょう。また、すでにドコモとご契約の方のうち、別途ahamo(アハモ)を申し込む場合も新たにdアカウントを取得しましょう。

1つのdアカウントに紐づけできるのは1回線のみです。

dアカウント取得方法

  1. ahamo(アハモ)公式サイト「申し込みの流れ」からdアカウント取得ページへ
  2. dアカウントページでメールアドレスや基本情報を登録
  3. dカウント発行完了

ahamo(アハモ)公式サイトでdカウント取得する

ahamo(アハモ)公式サイト→「申し込みの流れ」へ進みます。「dアカウント取得」の「dアカウントについて」をタップします。dアカウントのページで「無料のdアカウントを作成」をタップします。

dアカウントの取得について詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

ahamo(アハモ) dアカウント既存会員も新アカウント取得が必須!取得方法を説明します

ワイモバイルからahamoへMNPキャンペーン特典をもらうまでの手順

「ahamoに他社からのお乗り換えdポイント10,000ptプレゼントキャンペーン」を実施中です。

ワイモバイルから電話番号移行(MNP)で乗り換える方は対象となります。是非事前にエントリーしてdポイント10,000ptをもらいましょう。

ここでは当特典をもらうまでの一連の流れを紹介します。

  • 「対応端末一覧」の確認【ahamo SIM/eSIMのみ契約する方のみ】
  • SIMロック解除【simロック機種を持ち込む方のみ】
  • キャンペーンにエントリー
  • MNP予約番号取得
  • ahamoへ申し込み
  • SIMカード/eSIMの開通手続き
  • 新旧スマートフォンでLINE引継ぎ設定・データ保存をする【スマートフォンを購入した方のみ】
  • 初期設定(APN設定)
  • メールアドレス引き継ぎ設定【ワイモバイルメールアドレスを引き継ぐ方のみ】
  • dポイント10,000pt特典付与

1.「対応端末一覧」の確認【ahamo SIM/eSIMのみ契約する方のみ】

お持ちの機種がahamo(アハモ)の「対応端末」かどうかをチェックします。ahamo(アハモ)のホームページで確認できます。機種名が記載されていればひとまずOKです。

ahamo(アハモ)「対応端末一覧」を見てみる

上記リンクより、「製品」ページを開きます。

少しスクロールしていただき「対応端末一覧」ボタンをタップします。

「iPhone」タブ選択→「iPhone対応端末一覧」をタップします。または「Android」タブ選択→「Android対応端末一覧」をタップします。

ドコモ5G周波数に対応できない機種に注意しよう

一部機種がドコモ5G周波数に対応できていない場合があります。備考欄の「一部5G周波数に対応できていない可能性があります」の表記に注意しましょう

2.SIMロック解除【simロック機種を持ち込む方のみ】

ご自分の端末のSIMロック解除をしておきましょう。 2021年5月11日以前のワイモバイル端末にはSIMロックがかけられており、ahamoのSIMカードを認識することができません。事前にSIMロック解除しておくことで、ahamoのSIMカードやeSIMを使うことができるようになります。

2021年5月12日以降の機種はSIMロック解除不要。購入時にSIMロック解除の手続きを実施した状態です。

SIMロック解除手続き方法

SIMロック解除自体は難しいものではなく、オンラインで簡単に手続きできます。なお、オンラインなら無料ですが、店舗で手続きすると有料です。

SIMロック解除したからといって何ら不利益はありません。お手すきの際にやっておくことをおすすめします。

(1)IMEI番号をメモ
  • iPhone:「設定」→「一般」→「情報」からIMEI番号を表示させます。番号をコピー/メモします
  • Android:「設定」→「システム」→「デバイス情報」のIMEI番号ををコピー/メモします
(2)会員ページからウェブ手続き

受付時間:午前9時~午後9時まで

My Y!mobileにログイン>契約の確認・変更>SIMロック解除手続きと進みます。

製造番号(IMEI番号)を入力し画面の指示に従いましょう。

3.ahamoキャンペーンへのエントリー方法~エントリー登録から確認メール受信まで~

「今お使いのスマホそのまま!ahamoに他社からお乗り換えでdポイント10,000pt(期間・用途限定)プレゼント」へのエントリー方法をお伝えしておきますね。

ahamo「dポイント10,000ptプレゼント」にエントリーページを見てみる

上記よりahamo公式サイトにアクセスします。そしてキャンペーンバナーからエントリーページへ進みます。

「今すぐ」エントリーをタップします。

「お名前」「携帯電話番号」「メールアドレス」を入力します。

エントリーで入力する携帯電話番号は番号ポータビリティ(MNP)する番号を入力しましょう。

入力した内容を確認します、携帯電話番号やメールアドレスをしっかりチェックしてくださいね。内容に誤りがなければ「エントリー」をタップします。

最後に「エントリーが完了しました!」と表示されればOKです。

登録したメールアドレス宛に「【NTTドコモ】エントリー完了のお知らせ」が届きます。これでエントリー完了です。

エントリー翌月末までにMNP乗り換えの手続きを行いましょう。

「ahamoに他社からのお乗り換えdポイント10,000ptプレゼントキャンペーン」 について詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

ahamoのキャンペーン情報・dポイント10,000pt特典のエントリー方法や獲得までの流れを説明します

4.MNP予約番号取得

キャンペーンにエントリーが済んだらMNP予約番号を取得しましょう。

My Y!mobileログイン>契約・オプション管理>MNP予約番号発行のお手続きと進みます。

画面の指示に従ってMNP予約番号を取得します。

5.ahamoに申し込み

早速ahamoに申し込みましょう。申し込み手続きは5分もあれば完了します。

ahamo(アハモ)の申し込みページはこちら

★ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。

ahamo(アハモ)申し込みの流れ

メニューバー「申し込み」をタップします

「docomoを契約していない方」から「SIMのみを購入」を選択します。「次へ」をタップ。

「他社から乗り換え(MNP)」を選択します。

「かけ放題オプション」を申し込むかどうか選択します。オプションは契約後に追加することもできます。

月額料金のシミュレーションを確認します。

「次へ」をタップします。

「対応端末を確認」でお持ちの端末の機種名が掲載されていることを確認しましょう。

「お手持ちのスマホ設定確認について」では「VoLTEオン設定となっているか」を確認しましょう。

  • iPhone:(例) 「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」→「音声通話とデータ」→「VoLTE」をON
  • Android:(例)「設定」→「ネットワークとインターネット」→「モバイルネットワーク」→「VoLTE」 ※「VoLTE」の部分は「4G回線による通話」などの場合もあります

「上記内容を確認しました」にチェックを入れます。「手続きへ」をタップ。

取得済みのdアカウントを使う方は「dアカウントを持っている方」「ご確認事項に同意の上、開始する」をタップします。

「dアカウントのID」「パスワード」を入力します。「ログイン」をタップ。

MNPの方はMNP予約番号の入力画面となりますので、画面の指示に従いましょう。

「SIMロック解除済みの方」から「次へ」をタップします。

「本人確認書類の選択」で書類を選択します。「本人確認書類に記載の住所と申し込み住所は一致していますか?」で「一致している」を選択しましょう。「次へ」をタップ。

受け取り方法を選択しましょう。「自宅で本人が受け取る」方が手続きが簡単です。

「画像をアップロード」から本人確認書類データをアップロードします。「次へ」をタップ。

「契約者さま情報の入力」で名前や住所等の情報を入力します。

お子さんがahamoの利用者になる場合は「契約者と利用者が異なり利用者の年齢が20未満」を選択しましょう。利用者情報の登録が必要になります。

「毎月の支払方法を設定」で「クレジットカード」または「銀行口座振替」を選択します。クレジットカードまたは銀行口座の情報を入力します。

「同意・注意事項の確認」で「~同意します」にチェックを入れます。「次へ」をタップ。

最後に「申し込み内容の確認」となります。

「注文を確定する」をタップ。申し込みはここで完了です。

「申し込みの完了」画面となります。

登録したメールアドレスに「お申込受付のご連絡」という件名でメールが届きます。

ahamoの配送状況を確認する方法

受信したメールに書かれたアドレス、またはahamo(アハモ)の公式ページから配送状況を確認できます。「受付番号」を入力しましょう。

6.SIMカード/eSIMの開通手続き

開通手続きを行いましょう。ahamoのウェブサイトまたはアプリから手続きできます。

ahamo(アハモ)

  1. 「受付番号」「連絡先電話番号」「暗証番号」を入力してログイン
  2. 「切り替え(開通)のお手続きへ」をクリック開通情報を確認し、問題がなければ「開通する」ボタンを押してください
  3. 開通処理完了画面が表示されたら終了です

登録のアドレスに「開通のご連絡」というメールが届きます。

切り替え(開通)の手続きは、商品出荷日(注文完了の翌日)から起算して15日以内に行いましょう。当該期間内に利用手続きをしない場合、自動的に切り替え(開通)となります。

7.新旧スマートフォンでLINE引継ぎ設定・データ保存移行をする【スマートフォンを購入した方のみ】

LINE引継ぎ設定

メッセージアプリLINE。普段からお使いになっていらっしゃるかと思います。ahamoに切り替える前に「LINE引継ぎ設定」をしておく必要があります。引継ぎ設定をしておかないと、新しい端末にLINEアカウントを引き継ぐことができず、新たにアカウントを取得しなければいけません。忘れずに設定しておきましょう。

設定方法

LINE公式サイトをどうぞ

LINE公式サイト「引継ぎ設定」

設定のタイミング

お手元に新しいスマートフォンが届いたらその日のうちに「LINE引継ぎ設定」をやりましょう。回線切替が完了すると旧端末のインターネット回線が切れてしまうため、設定できなくなります(旧端末に接続可能なWiFiがあれば回線切替以降も設定できます)。

なお、セキュリティの関係上、引継ぎ設定をオンにしてから24時間以内に新しい端末での操作が必要です。24時間経過してしまった場合は、引継ぎ設定を再度オンにすればOK。

引き継ぎできないデータ

異なるOS間の機種変更(例:iPhone→Android、Android→iPhone)では以下のデータを引き継ぐことができません。あらかじめ注意しておきましょう。

  • トーク履歴(OSが同じ場合は保存したデータを手動で移行させます)
  • LINEコイン残高
  • LINE電話のコールクレジット

データを保存・移行する(電話帳・写真・動画)

続いてはデータ保存と移行です。大手携帯会社の窓口では電話帳などのデータ移行までやってくれると思いますが、格安スマホでは自分でやらなくてはいけません。といっても簡単ですので大丈夫です。ネット検索をすればデータ移行の方法はいくらでもヒットします。ここでは、一般的な方法を紹介しますね。

iPhone→iPhone

旧iPhoneから新iPhoneへ乗り換える際、パソコンをお持ちの方は「iTunes」パソコンをお持ちでない方は「iCloud」を利用しデータ保存・移行すると便利です。

iTunes:パソコンとiPhoneをケーブルでつなぎ、iTunesからパソコンにデータを保存します。その後、新しいスマートフォンにデータを移行させます。

iCloud:iCloudに一旦データを保存し、新しいiPhoneに移行させます。大容量のデータを送受信することになるので、Wi-Fiがある方がが良いです。Wi-Fiがないと場合によっては保存・移行できなかったり、通信料が高額になったりします。無料で使えるiCloudの容量は5GBまでです。

詳しくはApple公式サイトをご覧ください。

iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法

Android→iPhone

Google Play から「iOS に移行」App をダウンロードして、Androidから新しい iPhoneへデータ移行します。Wi-Fi でデータを転送することになります。

詳しくはApple公式サイトをご覧ください。

Android から iPhone、iPad、iPod touch に移行する

Android→Android、iPhone→Android

各メーカーサイトでデータ移行方法を案内しています。

ソニー(Xperiaシリーズ)

サムスン(Galaxyシリーズ)

たとえば、 サムスン(Galaxyシリーズ)のSmart Switch(スマートスイッチ)を使用すると、古いiPhone・Androidスマホなどから連絡先、写真、メッセージなどを簡単に転送できます。

8.初期設定(APN設定)

お手持ちのスマホにahamoのSIMカードを挿入しましょう。

初期設定(APN設定)が必要です。iPhoneの場合は自動で設定されます。Androidの場合は手動で設定します。

  • iPhone:自動設定されます
  • Android:ahamoの通信サービスを利用するために、APN設定が必要です。SIMカードに同梱の説明資料に従って設定しましょう。

発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけ、正常に利用できることを確認しましょう。

ahamo開通後ワイモバイルは自動解約

ahamoが開通するとワイモバイルとの契約は自動解約となります。ワイモバイルへの連絡は不要です。

9.メールアドレス引き継ぎ設定【ワイモバイルメールアドレスを引き継ぐ方のみ】

ahamoへ乗り換え後もワイモバイルメールを継続利用する方はmy softbankで手続きしましょう。

メール持ち運び注意点

  • 1メールアドレスの年額使用料:3,300円(税込)
  • Softbank IDが必要
  • ワイモバイル回線契約を終了した翌日から起算して31日以内の手続きが必要

10.dポイント10,000pt特典付与

開通(利用開始の手続き)を行った翌々月下旬dポイント10,000ptがdアカウントに付与されます。

「ahamoに他社からのお乗り換えdポイント10,000ptプレゼントキャンペーン」 について詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

ahamoのキャンペーン情報・dポイント10,000pt特典のエントリー方法や獲得までの流れを説明します

最後に、ワイモバイルからahamo乗り換えタイミングは月末がおすすめ!キャンペーンにエントリーしてお得にスタートしよう!

ワイモバイルからahamo乗り換えは月末20日頃がおすすめです。ワイモバイルの月額料金は日割りにならないためです。月内のデータ容量を速やかに使い切って乗り換えましょう。

ワイモバイルからahamoへMNP乗り換え(SIMのみ契約)ではキャンペーン特典をもらえます。事前にエントリーしておきましょう。

【最新】お得情報

データ容量20GBで月額2,970円
国内通話5分以内何度でも無料

↑いつ解約しても違約金0円◎↑

★他社から乗り換えでdポイント10,000ptもらえます(上記よりエントリーできます)★

ahamo「10,000dポイント進呈キャンペーン」の詳細はこちら

※スマホ購入は別途機種代⾦が必要です
※国内通話5分超過後は30秒22円の通話料がかかります。SMSや他社接続サービスなどへの発信は別途料⾦がかかります
※ahamoでは一部ご利用できないサービスがあります

-ahamo(アハモ), ワイモバイルから乗り換え