【Y!mobile(ワイモバイル)】5~18歳まで学割対象!必要書類と契約申込み方法

Y!mobile(ワイモバイル)の格安料金は魅力的ですよね。月額3,000円前後でスマホを使えるって本当に安いです。5~18歳の方なら学割でさらにお得にスマホを利用できます◎。この記事では学割適用でY!mobile(ワイモバイル)に契約申込する方法を説明します。必要書類や手続きの流れなど少し詳しめに解説しますので、ご検討中の方は参考にどうぞ。

Y!mobile(ワイモバイル)の学生割引「タダ学割」特典内容や適用条件を確認する

Y!mobile(ワイモバイル)に申込むに際して、せっかくでしたら割引を受けましょう。利用者が5~18歳でしたら学割サービス対象となりますよ(親が契約者の場合もOK)。2017年12月からスタートした学割は「タダ学割」といいます!特典内容や条件について説明しておきますね。

申込期間

  • 2017年12月1日~2018年5月31日

入学シーズン限定のキャンペーンです♪

特典内容

「タダ学割」では、2つの特典を受けられます。

1「データ容量2倍」特典:データ容量が2倍(次の機種変更まで)

  • スマホプランS(1G→2G)
  • スマホプランM(3G→6G)
  • スマホプランL(7G→14G)

2「基本料タダ」特典:「スマホプランS/M/L」の基本料が最大4カ月無料

  • 最大4カ月無料:2017年12月中にご契約の方
  • 最大3カ月無料:2018年1月以降にご契約の方

対象年齢

  • 申し込み時点で使用者の年齢が5~18歳であること

”学生割引”という名目ではありますが、学生でなくてもで大丈夫です。規定の年齢内であれば割引サービスを受けられます。

適用条件

  • 新規契約、他社からの乗り換え(MNP)、ソフトバンクからの番号移行のいずれかであること
  • スマホプランS/M/L」を契約すること
  • ご契約時に本キャンペーンに申し込むこと

注意点

「スマホプラン」は2年縛りの契約です。2年以内に解約してしまうと解約料9,500円が発生しますのでご注意ください。また、タブレット購入を伴う契約は「タダ学割」の対象外です。スマートフォン購入やSIMカードのみの契約でしたらOKです。

「タダ学割」と「家族割引サービス」を併用できる?

「タダ学割」と「家族割引サービス」を併用することも可能です。家族でY!mobile(ワイモバイル)をご利用される方は、「家族割引サービス」にも申し込みしましょう。ご家族の月額料金が1台につき500円割引になります。

Y!mobile(ワイモバイル)の学生割引「タダ学割」で料金プランをシミュレーションする

「タダ学割」を適用すると、どれくらいお得になるの?と思う方もいらっしゃるでしょう。というわけで、料金プランをシミュレーションしてみました。かなりお得になることがお分かりいただけるでしょうか↓。対象となる方がうらやましいです☆

スマホプラン月額料金
「タダ学割」適用期間中
(最大4カ月)
通常時
(1年目)
通常時
(2年目以降)
S(2G)0円2,138円3,218円
M(6G)0円3,218円4,298円
L(14G)0円5,378円6,458円

「タダ学割」の対象となる方は、月額料金が最大4カ月無料。

月額料金が無料となる期間は、Lプランを選んでおくとお得ですよね(無料期間終了後に、ご自分の使用量に応じた料金プランに変更しましょう)。

Y!mobile(ワイモバイル)申し込みに必要なものを準備する(学割適用)

申し込みに必要なものを紹介します。事前に準備しておくと、申し込みから開通まで滞りなく手続きを進めることができますよ。

クレジットカード(親権者名義のもの):VISA、MASTER、JCB、AMEX、DinersClub、UC、MUFG、DC、UFJ、NICOS、三井住友、イオンクレジット、オリコ、OMC、CF、Cedyna、ライフ、TSキュービック、楽天、ジャックス、ポケットのいずれか

本人確認資料(契約者):運転免許証、健康保険証または住民基本台帳カード + 公共料金領収書・住民票のいずれか、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)などのいずれか

本人確認資料(利用者):利用者の年齢がわかる本人確認書類(学生証、運転免許証、健康保険証または住民基本台帳カード + 公共料金領収書・住民票のいずれか、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)などのいずれか)


オンラインでY!mobile(ワイモバイル)に申し込みする方は、「本人確認資料」をスマートフォンやデジカメで撮影するか、スキャンしておきましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)の機種を選ぶ

スマートフォンの購入を予定している方は、機種を選んでおきましょう。Y!mobile(ワイモバイル)ではiPhoneを取扱っています。もちろん、android端末のラインナップも充実。すでにスマートフォンやタブレット端末をお持ちの方は、SIMカードのみ契約することも可能ですよ。

iPhone

人気の機種はやはり”iPhone”ですね。「ワイモバイルのiPhoneは安いけど、まさか中古品じゃないよね?」と思われる方もいるようですが、もちろん新品です。アップルで販売されているiPhoneと同じです。正規品なので故障対応をアップルでやってもらえますよ。なお、端末価格自体は別に安くないのですが、大幅に月額割引が適用されるので実質負担金が安くなる計算です。

【Y!mobile(ワイモバイル)】iPhone6SとiPhoneSEの違いとは?

Y!mobile(ワイモバイル)iPhoneの無料保証期間は?AppleCare+に入るべき?

android

コスパの良いスマートフォンが欲しい方はandroid端末をチェックしてみてください。格安といえども、十分な機能を備え使い勝手もいいですよ。おサイフケータイやワンセグ、防水、赤外線通信などの機能を求める方は日本製、無駄を省いたパフォーマンスの良いものをとお考えであれば海外製がおすすめです。

【Y!mobile(ワイモバイル)】androidスマートフォンの機能や料金をみてみる

コスパ最強!3万円以下で買えるY!mobile(ワイモバイル)おすすめ機種「nova lite」

SIMカードのみ

SIMカードのみ契約することも可能です(ワイモバイルでは「USIMカード」と表現していますね)。お持ちのスマートフォンやタブレットにワイモバイルのSIMカードを挿して使います。お持ちの端末がワイモバイルに対応しているかどうか以下の記事も参考にしてみてください。

Y!mobile(ワイモバイル)SIMカードのみ契約の料金、違約金、注意点を総まとめ

オンライン申し込みなら最大20,000円のキャッシュバック特典を受けられますよ(ソフトバンクからの番号移行を除く)。「タダ学割」と合せるとかなりお得になりますね。

Y!mobile(ワイモバイル)最大2万円キャッシュバック

【STEP0】MNP予約番号を取得する(番号ポータビリティを利用した乗り換えの場合のみ)

ここからは具体的な手続きの流れを説明しますね。

(新規契約の方はSTEP1にお進みください。)

まずは現在お使いの携帯電話会社で「MNP予約番号」を取得しますよ。「MNP予約番号」を取得することで、携帯電話番号をワイモバイルに乗り換え後も引き続き使用できます。電話、店舗のいずれかで手続できます。電話の場合、SMSで「MNP予約番号」を受け取ります。

「MNP予約番号」申し込み窓口
ドコモ携帯:151
一般:0120-800-000
受付:午前9時~午後8時
ソフトバンク携帯:*5533
一般:0800-100-5533(通話無料)
受付:午前9時~午後8時
au携帯・一般:0077-75470
受付:午前9時~午後8時

MNPとは?

MNPは「Mobile Number Portability(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)」の略称です。携帯電話会社を変更した場合に、電話番号はそのままで、変更後の携帯電話会社のサービスを利用できる制度のことを指します。

注意点

  • 番号ポータビリティ手数料2,000~3,000円が必要です。
  • 「MNP予約番号」有効期限15日。期限内にワイモバイルと契約しなければ手続きはキャンセルされ、現在お使いの携帯会社との契約は継続されます。期限を過ぎても再取得することは可能です。なお、ワイモバイルでは有効期限が10日以上残っていることを申し込みの条件としています。「MNP予約番号」を取得後はすぐにワイモバイルの申し込みをしましょう。
  • MNPでワイモバイルに乗り換えた方は、現在お使いの携帯会社との契約は自動解約となります。解約の手続は特に必要ありません。

【STEP1】Y!mobile(ワイモバイル)に申し込む

Y!mobile(ワイモバイル)に新規・乗り換え(番号移行)で申し込む手順を説明しますね。

【Y!mobile(ワイモバイル)】公式オンラインストア

公式サイトにアクセス、ご希望の端末またはSIMカードを選択します。

容量やカラーを選択します(機種により異なります)。SIMカードを申し込む方は、SIMカードのサイズを選択します。

契約方法は「新規契約」または「のりかえ(MNP)・番号移行」を選択しましょう。

現在他社との契約がある方は「ドコモ・au・MVNO」または「ソフトバンク」を選択。

料金プランはご希望のプランS/M/Lを選択します。2倍増量キャンペーン中ですので、S(1GB→2GB)、M(3GB→6GB)、L(7GB→14GB)となっています。また、「タダ学割」対象の方は、次の機種変更まで容量2倍となっています☆

機種代金を分割払いする方は「24回払い」、一括で支払う方は「一括払い」を選択します。

オプション項目で選択する必要はありません。機種変更後もデータ容量2倍で使いたい方は、チェックを入れておきましょう。契約後に変更可能です。


割引「家族割引サービス」「下取りプログラム」を希望される方はチェックを入れます。

Y!mobile(ワイモバイル)「下取りキャンペーン」で月額料金を割引する方法は?

周辺機器(オプション品)ではオプション品を希望する方はチェックを入れましょう。契約後に購入することも可能です。

ひと通り入力を終えたらご購入手続きへをタップします。

次のページではまず本人確認書類をアップロードします。

乗り換え(番号移行)の方は、取得済みの「MNP予約番号」を入力します。「転入予定の携帯電話番号」や「MNP予約番号の有効期限」も忘れず入力しましょう。

あとは画面の指示に従い、氏名や生年月日、クレジッドカード番号などの「ご契約者情報」を入力していけばOK。

契約者と利用者が異なる場合は、「利用者」欄の「契約者と別」にチェックを入れます。

「ご利用者情報」欄が表示されるので、学割を適用したいお子さんなどの情報を入力していきます。

必要事項を入力した後は「入力内容確認」→「重要事項説明」→「お申込み完了」となります。完了後に発行される「WEB申し込み番号」を控えておきましょう。

申し込み完了後に、利用者の年齢がわかる本人確認書類を専用ページからアップロードします。

本人確認資料アップロードページ

「WEB申し込み番号」と「メールアドレス」を入力し、学割対象となる利用者の本人確認資料をアップロードします。ここでの本人確認資料は、学生証でもOKです。

【STEP2】新スマートフォン・新ケータイ・新SIMカードを受け取る

申し込み完了後、最短で翌日には新しいスマートフォンやケータイ、SIMカードを受け取れます。受け取ったらすぐに、破損等ないかチェックしましょう。

【STEP3】(新しく端末を購入する方のみ)旧スマートフォンでLINE引継ぎ設定・データ保存をする

新しいスマートフォンが届いたばかりで一刻も早く開通させたいとは思います。ですが、LINE引継ぎ設定や電話帳・写真・動画データ保存をお忘れなく。

他社からY!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるための事前準備と注意点

【STEP4】初期設定(APN設定)をする

初期設定をしましょう(APN設定:アクセスポイントの設定)。具体的な方法は機種ごとに異なります。同梱の資料を参考に設定してくださいね。

【STEP5】開通

無事開通すると、翌日には旧スマートフォンは使えなくなります。乗り換えの方は。この時点でこれまでお使いになられていた携帯会社を解約したことになります。

【STEP6】(新しく端末を購入する方のみ)新スマートフォンでLINEアカウントを引き継ぐ・データ移行をする

新スマートフォンにLINEアプリをインストールし、LINEアカウントを引き継ぎます。また、電話帳や写真などのデータを新スマートフォンにダウンロードします。

最後に

長々と書いてしまいましたが、実際に手続きしてみるととっても簡単です。あらかじめ乗り換えのタイミングを決めておいて、さっさと手続きしてしまいましょう。「タダ学割」でお得に格安スマホをスタートできますね。

「タダ学割」について詳細はこちらをどうぞ。

Y!mobile(ワイモバイル)「タダ学割」の詳細を見てみる

Y!mobile(ワイモバイル)
月額料金が安い
通信速度が速い
10分以内の通話なら何度でも無料
iPhoneの取扱いあり
機種が豊富
SIMカードのみ契約OK
月額料金のシミュレーションも出来ます☆