ワイモバイルに乗り換え後も電話番号を引き継ぎ可能!方法と注意点

現在お使いの携帯電話番号。Y!mobile(ワイモバイル)に乗り換え後も使えるのかな?と不安に思っていらっしゃる方もいますよね。この記事では、携帯電話番号の引継ぎ方法と注意点を紹介します。参考にどうぞ。

ワイモバイルに乗り換え後も電話番号を引き継げる!

ドコモやソフトバンク、au等で取得した携帯電話番号。Y!mobile(ワイモバイル)でも引き続きご利用いただけます。もちろん、スマートフォンのみならず、いわゆるガラケー(フィーチャーフォン)の電話番号も引き継げますよ。

電話番号はOK!でもメールアドレスは引継ぎできない

メールアドレスに関してはNGです。メアドの引き継ぎはできませんが、ワイモバイルでもメールアドレスを取得できます。ワイモバイルで取得できるアドレスは、△△△@ymobile.ne.jpとなります。@より前のアカウントの部分は、ご自分の好きな文字数字を設定可。乗り換え後速やかに、メールアドレス変更の連絡をご家族やお友達に連絡するようにしましょう。

「モバイルナンバーポータビリティ(MNP)」制度を利用しよう!

電話番号を引き継ぐためには、モバイル・ナンバー・ポータビリティ(Mobile Number Portability)という制度を利用します。通称MNP(エムエヌピー)と呼ばれています。どこかで耳にしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

何だかちょっと難しそう・・・と思うかもしれませんが、特に難しい手続き等は必要ありません。

現在お使いの携帯会社で「MNP予約番号」というものを発行してもらいます。その「MNP予約番号」を使ってY!mobile(ワイモバイル)に申し込めばOKです。

具体的には次のような流れで手続きします。

MNP乗り換えの具体的な事例(iPhoneの場合)

まず、ドコモ、ソフトバンク、au、simフリーのiPhoneをお持ちの方の手続流れを紹介しますね。

Y!mobile(ワイモバイル)で使える他社・SIMフリーiPhone機種をチェック!

今お使いの端末をそのままワイモバイルでも使いたいとお考えの方は、ご自分のiPhoneがワイモバイルに対応している機種かどうかチェックしましょう。

ワイモバイルに対応しているiPhone機種は以下のとおりです。

■ドコモ・ソフトバンク・au版iPhone

iPhoneX
iPhone8
iPhone8 plus
iPhone7
iPhone7 plus
iPhoneSE
iPhone6s
iPhone6s plus

■SIMフリー版iPhone(アップルから購入した端末等)

iPhoneX
iPhone8
iPhone8 plus
iPhone7
iPhone7 plus
iPhoneSE
iPhone6s
iPhone6s plus
iPhone6
iPhone6 plus
iPhone5s

2015年5月以前に発売された古い機種のiPhone(iPhone4やiPhone5など)は、ワイモバイルでご利用いただけません。ご注意くださいね。

現在ご契約中の携帯会社でMNP予約番号を取得します

ご自分の端末がワイモバイルに対応していることが分かったら、現在ご契約中の携帯会社で「MNP予約番号」を取得します。ショップでも取得できますが、おすすめは、電話やホームページから取得する方法です。ショップは有料ですが、電話やホームページなら無料です。

ここでは各社の電話番号をご案内しておきますね。

 「MNP予約番号」受付窓口
ドコモ
受付時間9:00~20:00
ドコモ携帯:151
その他:0120-800-800
ソフトバンク
受付時間9:00~20:00
ソフトバンク携帯:*5533
その他:0800-100-5533
au
受付時間9:00~20:00
0077-75470

電話が終わった後に、「MNP予約番号」がSMSで送られてきます。誤って削除しないようにしましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)申し込み時にMNP予約番号の申告

Y!mobile(ワイモバイル)へお申し込みの際に、取得済みの「MNP予約番号」をご申告ください。

オンラインストアでお申し込みされる場合も、申し込み画面で簡単に入力できるようになっていますよ。

Y!mobile(ワイモバイル)の開通/旧携帯会社の解約

MNP制度を利用して乗り換えをした場合、ワイモバイルが開通すると、旧携帯会社との契約は自動で切れます。この時点で乗り換え完了となります。旧携帯会社へ解約の連絡をする必要はありません。

MNPの具体的な事例(androidの場合)

ドコモ、ソフトバンク、au、simフリーのandroid端末をお持ちの方の手続流れを紹介しますね。

Y!mobile(ワイモバイル)で使える他社・SIMフリーandroid機種をチェック!

お使いのandroid端末をそのままワイモバイルでも使いたい方は、機種がワイモバイルに対応しているかどうかチェックしましょう。

SIMロック解除可能なソフトバンク版・SIMフリー版android端末はOK

SIMロック解除に対応した(2015年5月以降に発売された)ソフトバンク版android端末はワイモバイルで使えます。また、SIMフリーandroid端末も大丈夫。対応OKです。

ドコモ版・au版android端末をワイモバイルで使うのはおすすめしない

一方で、ドコモやauで購入したandroid端末をワイモバイルで使うことはおすすめしません。

というのも、ドコモやau版のandroid端末は、それぞれの周波数帯にしか対応しておらず、ワイモバイルの一部周波数帯に対応していないのです。ですから、残念ながらワイモバイルの一部エリアでは使えない可能性があります。

android端末で電話番号を引き継ぐための手続流れ

電話番号を引き続きお使いいただくための手続流れは、iPhoneの場合と同じです。

ワイモバイルへMNP乗り換えする際の注意点

他社で取得した電話番号を引き続きご利用の方がワイモバイルへ乗り換える際の注意点を書いておきますね。

MNP予約番号の有効期限には注意しよう

MNP予約番号には有効期限があります。発行から15日間です。有効期限を過ぎると失効します。失効してしまうと再度、発行してもらう手間がかかります。MNP予約番号を取得したら速やかにワイモバイルの契約申込みをしましょう。

必ずSIMロック解除をしておこう

お持ちの端末をワイモバイルで使いたいとお考えの方は、必ずSIMロック解除をしておきましょう。SIMロック解除はご契約中の携帯会社サイトで簡単にお手続き可能です。

SIMロック解除って何?という方はこちらの記事もあわせてご覧くださいね!

■ドコモユーザー向けの記事

参考 ドコモからワイモバイルへ乗り換え!ベストタイミングと手続流れ(MNP乗り換え方法)

ワイモバイルへドコモから乗り換え!ベストタイミングと手続流れ(MNP乗り換え方法)
ドコモからY!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるための手続きを解説します。電話番号はそのまま引き継げますよ。難しい手続きが必要なイメージですが、実際にやってみるととても簡単です。初めての方でもご安心ください。お持ちのドコモ端末にはドコモのSIMカードが挿入されています。乗り換え後はワイモバイルのSIMカードに差し替えるだけです。

■ソフトバンクユーザー向けの記事

参考 ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換え!MNP申込~開通までの手順解説

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換え!MNP申込~開通までの手順を詳しく解説します
Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンクのサブブランド。ブランド名こそ「ワイモバイル」「ソフトバンク」と分かれていますが、実態はどちらも「ソフトバンク」なんですよね。少しでも通信料金を安く抑えたい方の願いを叶えるべく「ワイモバイル」が立ち上げられたというわけです。ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える方はたくさんいらっしゃいます。特に、現在お持ちのスマートフォン(iPhoneやアンドロイド端末)をそのまま使い、SIMカードのみ変更する方は多いです。もちろん、新しい端末をワイモバイルで買うこともできますよ。この記事では、ソフトバンクからY!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるまでの一連の流れを紹介します。MNP転出の手続を始めてから実際にワイモバイルのスマホが使えるようになるまで、最短1日で開通します。初めての方も簡単に乗り換えできます。

■auユーザー向けの記事

参考 失敗しない!ワイモバイルへau版iPhoneで乗り換える手続方法(MNP対応)

失敗しない!ワイモバイルへau版iPhoneで乗り換える手続方法(MNP対応)
auからY!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるための手続きを解説します。電話番号はそのまま引き継げますよ。難しい手続きが必要なイメージですが、実際にやってみるととても簡単です。初めての方でもご安心ください。お持ちのau版iPhoneにはauのSIMカードが挿入されています。乗り換え後はワイモバイルのSIMカードに差し替えるだけです。なお、SIMカードとは、登録情報の書き込まれた小さなチップのことです。
Y!mobile(ワイモバイル)
月額料金が安い
通信速度が速い
10分以内の通話なら何度でも無料
iPhoneの取扱いあり
機種が豊富
SIMカードのみ契約OK
月額料金のシミュレーションも出来ます☆