SIM(シム) Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)「SIMカード」とは?基本のキホンを解説します!

Y!mobile(ワイモバイル)の「SIMカード」とはスマートフォンやタブレットに挿入されている小さなICチップのこと。電話番号や契約者情報が記録されています。現在お持ちのスマートフォンやタブレットをワイモバイルで使うには「SIMカード」のみを契約すればOK。番号持ち運び制度(MNP)を利用すれば電話番号もそのまま乗り換えることができますよ!

SIM/eSIM 契約特典情報
【オンライン限定特典】

SIMトク!キャンペーン
PayPayポイント

最大10,000円相当プレゼント!
↓シンプルL・Mがお得↓

事務手数料
通常3,300円無料
↑オンラインストア限定↑

Y!mobile(ワイモバイル)「SIMカード」とは?

「SIM(シム)カード」とは「Subscriber Identity Module」(加入者識別装置)の頭文字から来ている語。スマートフォンやケータイに挿入されている小さなICチップのことです。電話番号や契約者情報が記録されています。皆さんが音声通話の発着信を行ったり、データ通信回線でインターネットに接続したりできるのも、SIMカードが電話番号やプランを識別しているためなんです。SIMカードは簡単に抜き差し可能です。

「SIMカード」の3つのタイプ

一般的にSIMカードには3つのタイプ「音声対応SIMカード(=SIMカード)」「SMS対応SIMカード」「データ通信対応SIMカード」があり、それぞれ機能が異なります。

 1.音声通話機能2.SMS機能3.データ通信機能
音声対応SIMカード
(=SIMカード)
SMS対応SIMカード×
データ通信対応SIMカード××
  1. 音声通話機能:携帯電話番号を使った音声通話の発着信をできる機能
  2. SMS機能:ショートメッセージサービスを送受信できる機能
  3. データ通信機能:インターネット回線に接続できる機能

「音声対応SIMカード(=SIMカード)」は万能で、音声通話はもちろんSMS機能やデータ通信機能も備えています。一方、「SMS対応SIMカード」や「データ対応SIMカード」には音声通話機能がありません。

というわけで、お持ちのスマートフォンでワイモバイルの音声通話やSMS、インターネットを楽しむためには「音声対応SIMカード(=SIMカード)」を契約しましょう。

ワイモバイル「SIMカード」のサイズ

「SIMカード」には3つのサイズがあります。

  • nanoSIM(ナノシム)
  • microSIM(マイクロシム)
  • 標準SIM

    現在は一番小さいnanoSIMが主流となっており、ワイモバイル「SIMカード」は”nanoSIM”のみ提供されています。

    SIMカードのサイズの確認方法は簡単です。

    動作確認済の機種を調べる

    ↑こちらのページワイモバイルのSIMカードを使える機種一覧が表示されています。お持ちのスマートフォンやタブレットの機種を探してくださいね。そして、「SIMタイプ」欄を確認します。

    例えば、iPhoneの場合ですと、SIMタイプは「nanoSIM」です。

    ワイモバイル「eSIM」とは?

    みなさんは「eSIM」(イーシム)ってご存じですか?

    「eSIM」とはスマートフォンやタブレットに内蔵されている端末の識別機能のこと。従来はカード型のSIM(「物理SIM」という場合もあります)を装着するのが主流でした。現在では内蔵型のeSIMにより通信会社や電話番号を識別できる機種が増えています。特にiPhoneやiPadではeSIMとSIMカードのどちらにも対応している機種が発売されています。ユーザーは好きな方を選択できます。

    「eSIM」については以下の記事も参考にどうぞ。

    Y!mobile(ワイモバイル)eSIMとSIMの違いを解説!対応機種とオンライン申込手順も確認しておこう!

    ソフトバンク、ドコモ、auで購入した端末のSIMロックを解除しておこう!

    ソフトバンクやドコモ、auで購入したスマートフォンやタブレットには、他社のSIMカードを挿して自由に使うことができないものがあります。その制限のことを「SIMロック」といいます。ワイモバイルの「SIMカード」を挿して使えるようSIMロックを解除しておきましょう。

    オンラインで簡単にSIMロック解除できますよ!無料です。詳細は携帯各社のホームページでご確認いただけます。

    ソフトバンク

    ドコモ

    au

    SIMロック解除の条件

    SIMロック解除の条件は主に以下2点です。

    • 2015年5月以降に発売された端末であること
    • 一括購入または分割購入から101日目以降

    SIMロック解除の対象は2015年5月以降に発売された機種です。2015年5月にSIMロック解除が義務化されたためです。それ以前の機種(たとえば、iPhone 6/6 Plus)は残念ながらSIMロック解除できません。さらに、機種代の残債がある場合、SIMロック解除できるのは購入日から101日目以降となります。一方で、一括購入の場合は、即日SIMロック解除可能です。

    Y!mobile(ワイモバイル)「SIMカード」の料金プラン

    ワイモバイルの「SIMカード」の料金プランは「シンプルS」「シンプルM」、「シンプルL」の3種類です。

    (税込価格)
    シンプル プラン S M L
    月額料金 2,178円 3,278円 4,158円
    データ増量無料キャンペーン2 (1年間)
    くりこしたデータ容量は翌月末まで利用可能
    3GB
    5GB
    15GB
    20GB
    25GB
    30GB
    国内通話料 従量制22円/30秒

    月額料金は以下のページでシミュレーションできます。料金プランを選択するだけです。ご契約前に一度チェックしておきましょう。

    Y!mobile(ワイモバイル)月額料金シミュレーション

    余ったデータ容量はくりこし可能

    当月に使い切れなかったデータ容量は翌月にくりこしできます。くりこしたデータ容量は翌月末まで利用可能です。

    2年縛りナシと契約解除料0円

    現在の料金プラン「シンプル」は契約期間に縛りのない料金プランです。いつ解約しても契約解除料は0円。気軽に契約できますね。

    Y!mobile(ワイモバイル)「SIMカード」キャンペーン

    ワイモバイルのオンラインストアでは「SIMカード」契約者にキャンペーンを行っています。

    詳しくは以下の記事を参考にどうぞ

    ワイモバイルSIMキャンペーン!最大12,300円お得に契約する方法

    データ増量無料キャンペーン2

    月額550円のデータ増量オプションが、25ヵ月間無料です。

     月間データ容量
    シンプルS3GB→5GB増量
    シンプルM15GB→20GB増量
    シンプルL25GB→30GB増量

    オンラインストアでお申込みの際には「データ増量オプション」にチェックをいれましょう。

    Y!mobile(ワイモバイル)「SIMカード」契約時の注意点や手続流れ

    Y!mobile(ワイモバイル)の「SIMカード」を契約するに際して、注意しておきたいことや手続の流れを知りたい方は以下の記事もご参考にどうぞ!

    Y!mobile(ワイモバイル)SIMカードのみ契約の料金、違約金、注意点を総まとめ

    -SIM(シム), Y!mobile(ワイモバイル)