格安スマホ&SIMへ乗換えガイド

格安スマホや格安SIMへの乗換えに役立つ情報をお届けします。光回線のセット割引についても紹介しています。

iPhone SIM(シム) Y!mobile(ワイモバイル)

ドコモ版iPhoneでY!mobile(ワイモバイル)にMNP乗り換えする方法

更新日:

docomoドコモで購入したiPhoneアイフォン。Y!mobile(ワイモバイル)に乗り換えたいけど、そのまま使えるの?と不安に思っている方もいらっしゃいますよね。このページでは、ドコモ版iPhoneをそのまま継続して、ワイモバイルで使う方法と手続きの流れを紹介します。最短1日で開通します。何だか手続きが難しそうだなとイメージしている方もご安心ください。初めての方も簡単に乗り換えできます。

SIMカード契約特典情報
【オンライン限定特典】PayPayボーナスライトプレゼントキャンペーン
*ソフトバンク回線各社からののりかえは対象外

新規・のりかえ(MNP):いつでも3,000円相当もらえます!!

のりかえ(MNP)なら、5のつく日がさらにお得!! ↑
毎月5日、15日、25日に申し込むと6,000円相当もらえますよ♪

◎当キャンペーンはYahoo!JAPAN内ワイモバイルストアの特典です

自分のドコモ版iPhoneがY!mobile(ワイモバイル)に対応しているか調べる

まずは、お持ちのiPhone端末がワイモバイルに対応しているかどうか調べましょう。調べ方は簡単です。ワイモバイルの公式サイトに「接続実績のある他社端末」というページがあります。そこで、ご自分のiPhoneの機種名を探しましょう。機種名の下に”(docomo/au/SoftBank版)”と書いてあればOKです。

Y!mobile(ワイモバイル)「接続実績のある他社端末」

↑ページでお調べになると分かると思いますが、ワイモバイルに対応しているドコモ版はiPhone6s」以降の機種です。

  • iPhone 6s
  • iPhone 6s plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7
  • iPhone 7 plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8 plus
  • iPhone X
  • iPhone XS
  • iPhone XS MAX
  • iPhone XR

以上の機種であれば、ワイモバイルで使えます。ドコモ端末だからといって、デメリットはありません。エリアに関してもワイモバイルで販売している端末と同じように広い地域画で使用可能です。

ただし注意点があります。ドコモ端末はそのままでは使えないんです。SIMロック解除が必要です。SIMロック解除手続きについては後で説明しますね。ここではそういう手続きが必要なんだなということを知っておいてください。

なぜ、ドコモ版iPhone 5s/6/6 plusはY!mobile(ワイモバイル)で使えないの?

ドコモ版の古いアイフォンiPhone 5s/6/6 plusをワイモバイルで使うことはできません。なぜかというと、SIMロック解除ができないからです。総務省の施策によりSIMロック解除が義務化されたのは2015年5月です。それより以前に発売された端末はSIMロックを解除することができないのです。ですから、ワイモバイルに対応しているのはiPhone 6s(2015年9月発売)以降のアイフォンということになります。2015年4月以前に購入した機種をお持ちの方はご注意ください。

SIMカード、SIMロック解除、SIMカードの交換について把握しておく

自分のiPhoneがワイモバイルで使えるぞ!と分かった方は、SIMカードのみ契約することになります。「SIMカードって何?」という方は以下お読みください。ご存知の方はスキップして次の「Y!mobile(ワイモバイル)のSIMカードのみを契約する」へおすすみくださいね。

SIMカードの役割を知る

まず、iPhoneを含むスマートフォンには「SIMカード」と呼ばれる小さなICチップがセットされています。契約者の電話番号や契約プランを識別するためのデータが書き込まれているものです。SIMカードの機能により、電話をかけたり、インターネットに接続できたりできるわけですね。当然、ドコモで買ったiPhoneにはドコモのSIMカードが挿入されています。ワイモバイルに乗り換えるためには、ワイモバイルのSIMカードと入れ替える必要があります

SIMロック解除とは何かを知る

SIMカードの役割は何となくわかりましかた?続いては「SIMロック解除」についてです。よく耳にしますよね。

ドコモで買ったiPhoneにそのままワイモバイルのSIMカードを入れても使えません。必ず「SIMロック解除」が必要です。なぜかというと、ドコモが販売しているiPhoneは、他社のSIMカードを使えない設定となっているんです(これをSIMロックといいます)。

「SIMロック解除」をすることで、ワイモバイルのSIMカードでも使えるようになります。2015年5月以降に販売されたドコモ版iPhoneの場合、購入日から100日経過した機種であれば「SIMロック解除」できます(残債がなければ100日以内でもOK)。手続きは簡単で、My docomoから可能です(無料)。

中古端末もSIMロック解除可能に◎

2019年2月から中古端末のSIMロック解除が可能になりました。知人・友人から譲り受けた携帯電話機や中古端末販売店で購入した中古の携帯電話機もワイモバイルのSIMカードに入れ替えて使えますね♪

SIMカードの交換は自分でも簡単にできることを知る

少しくどいくらいに説明していますが、ごく初心者の方もこのページをご覧になっているかと思いますので、お付き合いください。

「SIMロック解除」が済んだら、あとはSIMカードを交換するだけです。ドコモのSIMカードを取り出し、ワイモバイルのSIMカードと入れ替えます。手先の不器用な方でも、簡単に入れ替え可能ですからご安心ください。設定方法などはページ後半で説明します。

ドコモのiPhoneをワイモバイルで使う場合、SIMカードのみを契約することになります。店舗のほか、オンラインでも申し込みできます。オンラインでの申し込みの場合、キャンペーン特典を受けられるのでお得です。

PayPayボーナスライト6,000円/3,000円相当もらえるキャンペーン

(↑上記リンク先ページよりお申込みいただくと、キャンペーン特典が適用になります。)

申し込みの際には、SIMカードのサイズを間違えないようにしましょう。

SIMカードのサイズには「micro」「nano」があります。iPhoneのSIMカードサイズは「nano」です。間違えてしまうと、あとで変更をしなくてはいけないので、必ず「nano」を選びましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランを選ぶ

ここからは、料金プランの選び方や乗り換えのタイミング、手続きの流れなどを具体的に説明していきます(具体的な手続きの前に、もう少しワイモバイルについて知りたい!という方は、「ドコモからY!mobile(ワイモバイル)にMNPで乗り換える手続方法」をどうぞ)。

「スマホプラン」

ワイモバイルへ乗り換える際には料金プランを選ぶことになります。ワイモバイルの料金プランはとってもシンプル。データ通信容量に応じてS、M、Lの3段階に分かれています。インターネットだけでなく、1回10分までの無料通話も含まれています(10分以内なら何度でも通話料無料)。

スマホプラン S M L
月額料金
1年目
1,706円 2,570円 4,730円
月額料金
2年目
2,786円 3,650円 5,810円
月額料金
3年目以降 
3,218円  4,298円  6,458円
データ通信容量2倍キャンペーン中 2GB

3GB
6GB

9GB
14G

21G

↑1~2年目の月額料金には「ワンキュッパ割:1,080円引」(契約1年目)と「SIM単体契約特別割引:プランS 432円引/プランM・L 648円引」(契約1~2年目)が適用されています。

「スマホプラン」”2年縛り”と違約金

「スマホプラン」は2年契約の料金プランです。ユーザーが途中解約すると違約金9,500円が発生します。ご注意くださいね。2年間経過後は2カ月間の「契約更新期間」を経て、自動的に契約更新となります。もし解約したくなった場合は、「契約更新期間」を狙う方が良いですね。

機種変更なら解約金は0円

契約期間の途中であっても機種変更なら解約金が発生することはありません。新規機種に変えたいと思ったときは気軽に機種変更しましょう。

My docomoで過去の利用状況をチェックしよう

S/M/Lのどのプランを選んで良いか分からない方は、My docomoから過去の利用履歴をチェックしておきましょう。My docomoにログインし、ページ上部の「My docomo」→「ご利用料金の確認」→「利用内訳」をタップ。数か月分の利用状況を確認できます。「パケット定額料等」という項目にデータ通信量の記載があるので、自分が普段どれくらいのデータ通信量を使っているのか確認しておきましょう。

初期費用についても把握しておこう

初期費用としてまず必要なのは、ワイモバイルに支払う「契約事務手数料」3,000円です。

また、番号ポータビリティ(MNP)を利用して携帯番号を継続して使う場合、転出元に支払う「MNP転出手数料」が発生します。「MNP転出手数料」は会社ごとに異なります。ドコモの場合は2,000円

ですから、番号ポータビリティ(MNP)で乗り換える場合、合計で

  • ドコモから乗り換える方:5,000円

以上が初期費用となります。

Y!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるタイミングを計画する

料金プランが決まったら、ワイモバイルに乗り換えるタイミングを計画します。ポイントは「契約更新期間」と「月末」です。

「契約更新期間」を待つ?今すぐ乗り換える?

ほとんどの方がドコモの2年契約型の料金プラン(カケホーダイプラン/カケホーダイライトプラン/データプラン/デバイスプラス)を契約しています。2年に1度訪れる「契約更新期間」のタイミングで解約しないと違約金をとられてしまうんですね。まずは現在のご契約がいつ満了するのか確認してくださいね。

  • 契約満了月の確認方法:My docomoにログインし「ご契約内容確認・変更」をタップ。「ご契約プラン」に”契約満了月は〇年〇月です”と記載されています。
  • 契約更新期間:契約満了月の翌月と翌々月が「契約更新期間」です(契約満了月が1月なら、2月と3月が更新期間)。「契約更新期間」に解約すれば解約料は発生しません。

スマホ購入から2年以内なら「契約更新期間」を狙う

ドコモでスマホを購入してから2年以内の方は「契約更新期間」を狙ってワイモバイルに乗り換えましょう。2年以内に解約してしまうと利用期間に応じて違約金9,500円~25,600円をとられます。また、月額料金を2年間割引く「月々サポート」の恩恵も受けられなくなります。

スマホ購入から2年超なら今すぐ乗り換える

ドコモでスマホを購入してから2年経過した方は今すぐ乗り換えましょう。「契約更新期間」がベストですが、そうでない場合も違約金9,500円を支払えばOK。ワイモバイルに乗り換えて3カ月もすれば元がとれますよ。

「月末」乗り換えがベスト。でも余裕をみておこう

「月初」と「月末」どちらが損をせずに乗り換えられるかといえば「月末」です。なぜかというと、カケホーダイやパケットパックなどドコモの定額プランは日割りされないからです。月末であれば、あまり損をせずに乗り換え可能というわけです。

ただし、30日や31日ですと、手続をする上で解約のタイミングが次の月にずれてしまうことも考えられます。余裕をみて20日頃にMNP転出の手続をすると良いでしょう(MNP転出については後ほど説明しますね)。

Y!mobile(ワイモバイル)店舗とオンラインストアどちらで申し込むかを決める

店舗での申し込みも可能ですが、SIMカードだけならオンラインで済ませる方が簡単です。待ち時間もありませんし、無駄なオプションに加入させられる心配もありません。また、ドコモからの乗り換えであれば、オンラインショップ限定のキャッシュバック特典をもらえますよ。万が一、やっぱり解約したいと思うことがあれば、8日以内ならキャンセルできます。ご安心ください☆

契約のキャンセル(8日間キャンセル)とは?

ドコモでSIMロック解除をする

冒頭で説明した通り、ドコモ版iPhoneにワイモバイルのSIMを挿入して使う場合には、iPhoneのSIMロック解除をしなくてはいけません。SIMロック解除をしたからといって、特にデメリットはありません。ドコモとの契約があるうちに早めにやっておくと良いです。タイミングはいつでも大丈夫です。

店頭や電話でも解除できますが、オンラインなら無料で解除できます。

識別番号(IMEI)をiPhoneの画面で確認

iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」とタップ。IMEI番号が表示されます。IMEI番号はSIMロック解除の手続で必要になります。画面コピーするなり、書いておくなり控えておきましょう。

My docomoにログイン→SIMロック解除

My docomoにログインします(スマートフォンの場合、パソコン表示に変更してください)。「ドコモオンライン手続き」→「その他」欄の「SIMロック解除」をタップ。

「SIMロック解除を行う機種の製造番号(IMEI)」欄にIMEI番号を入力しましょう。

あとは画面の指示に従えばOKです。

Y!mobile(ワイモバイル)への乗り換えに必要なものを準備する

SIMロック解除が終わったら、乗り換えの準備をはじめましょう。申し込みに必要なものはクレジットカードと本人確認書類です。

  • クレジットカード:VISA、MASTER、JCB、AMEX、DinersClub、UC、MUFG、DC、UFJ、NICOS、三井住友、イオンクレジット、オリコ、OMC、CF、Cedyna、ライフ、TSキュービック、楽天、ジャックス、ポケットのいずれか
  • 本人確認書類:運転免許証、パスポート、健康保険証+公共料金の領収書などのいずれか

本人確認書類はスマートフォンやデジカメで撮影するか、スキャンしておきましょう。申し込み画面でアップロードします。

事前準備は以上です。

【Step1】ドコモでMNP予約番号を取得する

ここからは、いよいよ具体的な手続きに入ります。まずはドコモで「MNP予約番号」を取得しますよ。「MNP予約番号」を取得することで、現在使っている携帯電話番号をワイモバイルでも引き続き使用できます。オンライン、電話、店舗のいずれかで手続できます。電話の場合、SMSで「MNP予約番号」を受け取ります。

ドコモ「MNP予約番号」申し込み窓口
電話 携帯:151
一般:0120-800-000
受付:9~20時
オンライン My docomo
(パソコンのみ)
受付時間:24時間

注意点

  • 番号ポータビリティ手数料2,000円が必要です。番号ポータビリティ(MNP)による契約の解除が行われた翌月、請求されます。
  • 「MNP予約番号」有効期限15日。期限内にワイモバイルと契約しなければ手続きはキャンセルされ、ドコモとの契約は継続されます。期限を過ぎても再取得することは可能です。なお、ワイモバイルでは有効期限が10日以上残っていることを申し込みの条件としています。

【Step2】Y!mobile(ワイモバイル)に申し込む

「MNP予約番号」を取得後はすぐにワイモバイルの申し込みをしましょう。

PayPayボーナスライト6,000円/3,000円相当もらえるキャンペーン

(↑上記リンク先ページよりお申込みいただくと、キャンペーン特典が適用になります。)

iPhoneの場合、SIMカードのサイズは「nano」です。間違えないようにしましょう。

契約方法は「のりかえ(MNP)・番号移行」を必ず選択しましょう。

現在お使いの端末・プランは「ドコモ・au・MVNO」を選択

料金プランはご希望のプランS/M/Lを選択します。データ増量キャンペーン中ですので、S(2GB→3GB)、M(6GB→9GB)、L(14GB→21GB)となっています☆

契約から2年間は「データ増量オプション」がキャンペーン適用になり無料です。ここで選択しなくても適用されますが、一応、チェックを入れておきましょう。

割引「家族割引サービス」「下取りプログラム」を希望される方はチェックを入れます。

Y!mobile(ワイモバイル)「下取りキャンペーン」で月額料金を割引する方法は?

その他のオプションを希望する方はチェックを入れましょう。契約後に追加することも可能ですから、とりあえず空欄でもOK。

ご購入手続きへをタップします。

次のページではまず本人確認書類をアップロードします。

のりかえ(MNP・番号移行)情報の入力欄にドコモで取得済みの「MNP予約番号」を入力します。「転入予定の携帯電話番号」や「MNP予約番号の有効期限」も忘れず入力しましょう。

あとは画面の指示に従い、氏名や生年月日、クレジッドカード番号などの「ご契約者情報」を入力していけばOK。

必要事項を入力した後は「入力内容確認」→「重要事項説明」→「お申込み完了」となります。最後に表示されるWEB受付番号はしっかりメモしておきましょう。

契約者と利用者が異なる場合は、利用者の本人確認資料もあわせてアップロードします。

【Y!mobile(ワイモバイル)】5~18歳まで学割対象!必要書類と契約申込み方法

ひと通り必要事項の入力が終わると、登録したメールアドレスに「お申し込み完了のお知らせ」が届きます。

あとは新しいSIMカードが届くのを待つのみです。

【Step3】新しいSIMカードを受け取る

最短で2日後にはお手元に新しいSIMカードが届きます。この時点ではまだ使用できません。到着翌日に、新SIMカードへの切替え作業が行われます(着荷の確認は佐川急便の「配達完了」情報に基づいて行われます)。

【Step4】新しいSIMカードで初期設定(APN設定)をする

iPhoneがつながらなくなったら、その時点でドコモ→ワイモバイルへの切り替え完了です(ドコモを解約したことになります)。電源を切って、SIMカードをご自分のiPhoneに挿入します。Wi-Fi環境のある場所で、説明書の指示に従い、アクセスポイントの設定(APN)設定を行いましょう。

【Step5】開通

APN設定が終了すると、無事開通です。iPhone内の電話帳や写真などのデータはそのまま使えます。また、LINEアプリも引き続き使用可能です。端末を変えるわけではないので、当然ですね。

最後に

ドコモからワイモバイルへ乗り換えると、スマホ代を月3,000円は節約できます。ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランド。ですから、他の格安SIMとは異なり、スピードもでますし通信も安定しています。「通信費を抑えたい、でも通信速度が遅くなるのは嫌・・・」とお考えのドコモユーザーにとって、ワイモバイルは乗り換え先としてベストチョイスだと思います。他社からの乗り換えの場合、キャンペーン特典の対象にもなりますしね☆

SIMカード契約特典情報
【オンライン限定特典】PayPayボーナスライトプレゼントキャンペーン
*ソフトバンク回線各社からののりかえは対象外

新規・のりかえ(MNP):いつでも3,000円相当もらえます!!

のりかえ(MNP)なら、5のつく日がさらにお得!! ↑
毎月5日、15日、25日に申し込むと6,000円相当もらえますよ♪

◎当キャンペーンはYahoo!JAPAN内ワイモバイルストアの特典です

Copyright© 格安スマホ&SIMへ乗換えガイド , 2019 All Rights Reserved.