docomo(ドコモ)から乗り換え

ドコモからワイモバイルに乗り換え!ベストタイミングと手続流れ(MNP手順)

ドコモからY!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるベストタイミングや手続流れを解説します。電話番号をそのまま引き継げますよ。難しい手続きが必要なイメージですが、実際にやってみるととても簡単です。初めての方でもご安心ください。

ドコモ端末にワイモバイルのSIMカードを挿入して使いますよ☆

お持ちのドコモ端末にはドコモのSIMカードが挿入されています。乗り換え後はワイモバイルのSIMカードに差し替えるだけです。なお、SIMカードとは、登録情報の書き込まれた小さなチップのことです。

SIMカード契約特典情報
【オンライン限定特典】
合計最大13,300円相当お得です!!

特典1.新どこでももらえる特典
PayPayボーナス
3,000円プレゼント

↓Yahoo!JAPAN IDでエントリー!↓

特典2.PayPayボーナスキャンペーン
最大7,000円プレゼント!
↓タイムセール21:00〜翌日8:59まで↓

特典3.事務手数料無料
通常3,300円無料
↑オンラインストア限定↑

<手続き流れ>
Yahoo!JAPAN IDで「どこでももらえる特典」エントリー。そのあと、ワイモバイル公式オンラインストアからSIMカードを申し込めばOK!!

Y!mobile(ワイモバイル)SIMキャンペーンについて詳しくはコチラ

目次

【大前提!!】ドコモ端末(機種)がY!mobile(ワイモバイル)に対応しているか確認する

お持ちのドコモ端末を使って乗り換える方は、機種がワイモバイルのSIMカードに対応していないと話になりません。

ドコモで購入したスマートフォンやタブレット、携帯をワイモバイルで使いたい方は、お持ちの機種が対応しているかどうか確認しましょう。以下リンク先ページを少しスクロールしていただくと「動作確認済機種一覧」という欄があります。一覧に掲載されている機種は使えます。

動作確認済機種一覧

お持ちの端末についてメーカーを選択後、機種名を探してみましょう。キャリア欄にdocomoと書いてあるのがドコモで販売された機種です。

ドコモ端末をワイモバイルで使うには”SIMロック解除”が必須です!

ドコモ端末の初期設定ではドコモのSIMカードしか使えないよう「SIMロック」がかかっています。ワイモバイルのSIMカードを挿入して使うためには”SIMロック解除”をしなくてはいけません。簡単な手続きで”SIMロック解除”できます。手続方法については後ほど説明しますね。

ワイモバイルで使えるドコモ版iPhone

以下のドコモ版iPhoneはワイモバイルのSIMカードに対応しています♪

【ワイモバイルで使えるiPhone機種】
  • iPhone6s
  • iPhone6s Plus
  • iPhoneSE
  • iPhone7
  • iPhone7 Plus
  • iPhone8
  • iPhone8 Plus
  • iPhoneX
  • iPhoneXS
  • iPhoneXS Max
  • iPhoneXR
  • iPhone11
  • iPhone11 Pro
  • iPhone11 Pro Max
  • iPhoneSE 2nd
  • iPhone12
  • iPhone12 Pro

iPhoneのSIMサイズは「nano」です

iPhoneのSIMカードサイズは「nano」です。ご注文時はお間違えの無いようご注意くださいね。

ドコモ版android(アンドロイド)端末は注意が必要

ドコモ版アンドロイド端末は、一部エリアで使用できない可能性があります。

ドコモ版アンドロイド端末をワイモバイルで使いたい方は以下の記事をご覧ください。

ドコモからワイモバイルへ端末そのままで乗り換えられる?確認方法

追記:ワイモバイルに対応しているドコモ版アンドロイド機種が増えています!

最近ではワイモバイルに対応しているドコモ版アンドロイド機種が増えています。実際にわたしが持っているXperia SO-05KもワイモバイルSIMカードを挿入して使えました。あなたがお持ちのドコモ版アンドロイドでもワイモバイルSIMを使える可能性が高いです。動作確認済機種一覧で確認してみると良いですよ。

動作確認済機種一覧

Y!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるタイミングを計画する

お持ちの機種がワイモバイルに対応していることが分かったら、ワイモバイルに乗り換えるタイミングを計画します。一番良いタイミングは「契約更新期間」の「月末」です。

「契約更新期間」を待つ?今すぐ乗り換える?

ベストは「契約更新期間」なのですが、「契約更新期間」を待つべきかどうか解約金をふまえて検討してみましょう。

2019年10月1日以降にドコモと契約した方

2019年10月1日以降にドコモと契約した方は「契約更新期間」を待つ必要はありません。

解約金は最大1,100円(税込)です。今すぐ乗り換えましょう。

参考までにドコモの報道発表資料から該当箇所を抜粋しておきますね。

■解約金・月額料金の値下げ
2019年10月1日(火曜)以降にお申込みいただく方を対象に「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」において、2年定期契約の解約金を9,500円から1,000円に値下げ

出典:ドコモ報道発表資料

2019年9月30日以前にドコモと契約した方

一方、2019年9月30日以前にドコモと契約した方は「契約更新期間」を待つのがおすすめです。「契約更新期間」に解約すれば解約料は発生しません。

ほとんどの方がドコモの2年定期の料金プラン(カケホーダイプラン/カケホーダイライトプラン/シンプルプラン/データプラン/デバイスプラス等)を契約しています。2年に1度訪れる「契約更新期間」のタイミングで解約しないと解約金(違約金)税込10,450円をとられてしまうんですね。まずは現在のご契約がいつ満了するのか確認してくださいね。

  • 契約満了月の確認方法:My docomoにログインし「ご契約内容確認・変更」をタップ。「ご契約プラン」欄に”契約満了月は〇年〇月です”と記載されています。
  • 契約更新期間:契約満了月の当月、翌月、翌々月の3ヵ月が「契約更新期間です*(契約満了月が1月なら、1月2月3月が更新期間)。「契約更新期間」に解約すれば解約料は発生しません。

*2019年3月より契約更新月が3ヵ月に延長されました

新料金プランに変更後の解約金に注意

2019年9月30日以前に2年定期契約をした方が新料金プラン「ギガホ/ギガライト」に変更した場合、旧プランの解約ルールに基づき解約金が発生する点にご注意ください。以下、ドコモ公式サイトより新料金プラン変更後の解約金について書かれた箇所を引用しておきますね。

定期契約ありの料金プランをご契約中のお客さまが2019年10月1日(火曜)以降、更新期間以外に上記プラン(新料金プラン)への変更を実施し、当該定期契約期間満了月前月までに解約した場合は変更前プランの解約金が発生します(定期契約ありの料金プランへの変更については、定期契約期間を引継ぎます)。

ドコモ公式サイト

余談ですが、わたし自身実際に「Xi シンプルプラン」から「ギガライト」に料金プランを変更してみました。「ご契約内容確認・変更」ページを確認したところ「留保解約金」という項目を発見。留保期間内に解約すると解約金9,500円(税込10,450円)を請求されることがわかりました。

スマホ購入から2年以内「月々サポート」適用中の解約に注意

2019年5月31日以前のサービスになりますが「月々サポート」がありました。最大24か月間、購入機種に応じて「月々サポート割引額」が毎月の利用料金から割引きされるというものです。

「月々サポート」適用期間中にドコモを解約すると機種代金割引の恩恵を受けられなくなります。

「月々サポート」が終了後にドコモからのりかえるのがおすすめです。

とはいえ「契約更新期間」まで5カ月以上ある方はすぐに乗り換えることを検討してみましょう

2019年9月30日以前にドコモと契約した方のうち契約更新期間まで5カ月以上ある場合はすぐに乗り換えることを検討してみましょう。たとえば、ドコモとワイモバイルの最新の料金プランで差額を計算すると、乗り換え後4カ月で元がとれることになります。

料金プラン(3GB) 月額料金
ドコモ・ギガライト 4,565円
ワイモバイル・シンプルS 2,178円
差額 2,387円

解約金10,450円÷月額料金差額2,387円≒4ヵ月

ごく単純に計算した結果です。各種割引などを踏まえてご自分で計算してみてくださいね。

「スマホおかえしプログラム」をドコモ解約後も利用可能

ドコモ解約後も「スマホおかえしプログラム」を利用できます。「スマホおかえしプログラム」は対象機種を36回分割払いで購入し、24ヵ月以内に返却すると12回分の支払いが無料になるものです。ドコモ回線解約後も当プログラムを利用することができます。

「月末」乗り換えがベスト。でも余裕をみておこう

「月初」と「月末」どちらが損をせずに乗り換えられるかといえば「月末」です。なぜかというと、ギガホやギガライト、カケホーダイやパケットパックなどドコモの料金プランは日割りされないからです。月末であれば、あまり損をせずに乗り換え可能というわけです。

ただし、30日や31日ですと、手続をする上で解約のタイミングが次の月にずれてしまうことも考えられます。余裕をみて20日頃にMNP転出の手続をすると良いでしょう(MNP転出は携帯電話番号を乗り換え後も利用する場合に必要な手続きです)。

ちなみに、ワイモバイルの料金プランは課金開始日から日割適用となります。​UQモバイルの月額料金については気にしなくてもOK。

Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランを選ぶ

続いては料金プランを選びます。ワイモバイルの料金プランはとってもシンプルです。データ通信容量に応じてS、M、Lの3段階に分かれています。

(税込価格)
シンプル
プラン
S M L
月額料金 2,178円 3,278円 4,158円
データ増量無料キャンペーン2
(1年間)
3GB

4GB
15GB

18GB
25GB

28GB
国内通話料 従量制22円/30秒

料金プラン「シンプル」は"2年縛りなし"で契約解除料0円

スマートフォン向けの料金プラン「シンプル」は契約期間の縛りも契約解除料もありません。気軽に申込めますね。

My docomoで過去の利用状況をチェック

S/M/Rのどれを選んで良いか分からない方は、My docomoから過去の利用履歴をチェックしておきましょう。My docomoにログインし「料金・データ量の確認」へ進みます。過去4ヶ月分のデータ使用量を確認可能です。

Y!mobile(ワイモバイル)店舗とオンラインストアどちらで申し込むかを決める

予定を立てたら、後はスケジュールに従って手続きを進めるだけですが、ここで気になるのが「ワイモバイルの店舗とオンラインストアのどちらで申し込んだ方がお得なの?」という点です。

店舗とオンラインストアどちらがお得?

結論から申し上げると、どちらで申し込んだ方が得をするかはっきりとはわかりません。というのも、店舗ごとにキャンペーンの内容が異なるためです。

個人的にはオンラインストアがおすすめです。キャッシュバックや割引などお得な条件で自動的に契約できるからです。強引にオプション加入させられる心配もありません。

オンラインストア限定キャンペーンを知っておこう

オンラインストア限定キャンペーンについて把握しておきましょう。auなど他社からワイモバイルに乗り換える方を対象にお得な特典が用意されていますよ。

【オンラインでエントリー】「新どこでももらえる特典」PayPayボーナス3,000円相当

ヤフーが主催する「新どこでももらえる特典」専用ページからYahoo!JAPAN IDでエントリーし、Y!mobileサービスの初期登録を完了するとPayPayボーナスト3,000円相当をもらえます。

「新どこでももらえる特典」エントリー特設ページ

時間のあるときにひとまずエントリーだけしておくとよいですよ。

有効期限にご注意ください

「新どこでももらえる特典」の主な適用条件

「新どこでももらえる特典」の主な適用条件は以下3点です。

  • Yahoo!JAPAN ID*でエントリーすること
  • 「シンプルプラン」を契約すること
  • 「新どこでももらえる特典」にエントリーしたYahoo!JAPAN IDでY!mobileサービスの初期登録すること

*ソフトバンク「スマートログイン」に登録しているYahoo!JAPAN IDのパスワード未設定の方は必ずパスワードを設定しておいてくださいね。

SIMカード申込みキャンペーン

ワイモバイルオンラインストアでは「SIMカード契約キャンペーン」開催中です。ドコモからMNP乗り換えした方に、さまざまな特典を用意していますよ♪

キャンペーンについて詳しくは以下の記事を参考にしてみてくださいね。

ワイモバイルSIMに新規・乗り換え(MNP)キャンペーン

人気のiPhone12/12mini(5G対応)取り扱い開始

5G対応で大人気の「iPhone12/12mini」、ワイモバイルでも取り扱いがはじまりました!!ドコモからお乗り換えの方は格安で購入することができますよ(最大18,000円割引!)。新しい機種が欲しいという方は検討してみてはいかがでしょうか。

【ワイモバイル】iPhone12/12miniの価格を見てみる

Y!mobile(ワイモバイル)への乗り換えに必要なものを準備する

申し込みに必要なものはクレジットカードと本人確認書類です。準備しておきましょう。

  • クレジットカード:VISA、MASTER、JCB、AMEX、DinersClub、UC、MUFG、DC、UFJ、NICOS、三井住友、イオンクレジット、オリコ、OMC、CF、Cedyna、ライフ、TSキュービック、楽天、ジャックス、ポケットのいずれか
  • 本人確認書類:運転免許証、パスポート、健康保険証+公共料金の領収書などのいずれか

本人確認書類はスマートフォンやデジカメで撮影するか、スキャンしておきましょう。申し込み画面でアップロードします。

支払方法に「口座振替」を選択できるようになりました◎

※ ただし、以下の場合は口座振替を利用できません。

・機種を一括払いで購入する場合。
・eSIMをご契約の場合。

ドコモからY!mobile(ワイモバイル)へ乗り換え手順

7つのステップでドコモからワイモバイルへ乗り換える手順を紹介します。ここではオンラインでの手続を説明しますね。ご自分で簡単にできますよ♪

【STEP0~お持ちのドコモ端末で乗り換える方~】SIMロック解除をする

ドコモ端末にワイモバイルのSIMを挿入して使う場合には、SIMロック解除をしなくてはいけません。SIMロック解除をしたからといって、特にデメリットはありません。ドコモとの契約があるうちに早めにやっておくと良いです。タイミングはいつでも大丈夫です。

SIMロック解除手続はパソコンやスマートフォン(My docomo)からできます。手数料は無料。電話やドコモショップで行うと3,000円の手数料が発生します。手数料を節約したい方は、My docomoからご自分でSIMロック解除を行いましょう。

ドコモ端末のSIMロック解除の条件

ドコモで購入した機種は以下の条件を満たす場合にSIMロック解除できます。

  • 2015年5月以降に発売された機種であること
  • 購入日から100日経過した機種であること*ただし、端末代金を清算済みまたはクレジットカード払いの場合は100日以内でもSIMロック解除可能

2015年5月からSIMロック解除が義務化されました。そのため、お使いの端末が2015年5月以降に発売された機種であればOKです。また、購入日から100日経過した機種であればSIMロック解除できます。一方で、100日以内でも残債がないかクレジットカード払いの場合ばSIMロック解除できます。

ドコモ端末のSIMロック解除条件については以下の記事を参考にどうぞ

ドコモからワイモバイルに乗り換え!SIMロック解除の条件と手続き流れ

中古端末もSIMロック解除可能に◎

2019年2月から中古端末のSIMロック解除が可能になりました。知人・友人から譲り受けた携帯電話機や中古端末販売店で購入した中古の携帯電話機もワイモバイルのSIMカードに入れ替えて使えますね♪

識別番号(IMEI)をiPhoneの画面で確認

iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」とタップ。IMEI番号が表示されます。IMEI番号はSIMロック解除の手続で必要になります。画面コピーするなり、書いておくなり控えておきましょう。

My docomoにログイン→SIMロック解除

My docomoにログインします(スマートフォンの場合、パソコン表示に変更してください)。ホーム画面上の「契約内容・手続き」

「その他」欄の「SIMロック解除」→「お手続きする」をタップ。

「SIMロック解除を行う機種の製造番号(IMEI)」欄にIMEI番号を入力しましょう。IMEI番号は電話アプリで「*#06#」を入力すれば確認できます。

「SIMロック解除を申込む」「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェックを入れましょう。

あとは画面の指示に従えばOKです。とりあえずここまでやっておきましょう。

新しいSIMカードに差し替えた時点でSIMロック解除されます。

【STEP0~乗り換えと同時にワイモバイルでスマートフォンやタブレット等を購入する方~】ご希望の機種を選択する

ドコモから乗り換えと同時にワイモバイルで新しい端末を購入される方は、ご希望の機種をあらかじめ選んでおいてくださいね。

ワイモバイルで買えるiPhone

人気の機種はやはり”iPhone”ですね。「ワイモバイルのiPhoneは安いけど、まさか中古品じゃないよね?」と思われる方もいるようですが、もちろん新品です。アップルで販売されているiPhoneと同じです。正規品なので故障対応をアップルでやってもらえますよ。なお、ワイモバイルでも5G対応のiPhone12/12miniの販売が開始されました。お得に手に入れたい方はチェックしてみてくださいね。

【Y!mobileワイモバイル】iPhoneの機能や料金をみてみる

ワイモバイルで買えるandroid

コスパの良いスマートフォンが欲しい方はandroid端末をチェックしてみてください。格安といえども、十分な機能を備え使い勝手もいいですよ。おサイフケータイやワンセグ、防水、赤外線通信などの機能を求める方は日本製、無駄を省いたパフォーマンスの良いものをとお考えであれば海外製がおすすめです。

【Y!mobileワイモバイル】androidスマートフォンの機能や料金をみてみる

オンラインストア限定のタイムセールもチェックしてみよう

格安でスマートフォン端末がほしい!!という方はオンラインスト限定のタイムセールをチェックしてみてください。人気の機種が格安で手に入ることもあります。

【ワイモバイル】オンラインスト限定タイムセールを見てみる

【STEP1】ドコモでMNP予約番号を取得する

いよいよ具体的な手続きに入ります。まずはドコモで「MNP予約番号」を取得しますよ。「MNP予約番号」を取得することで、現在使っている携帯電話番号をワイモバイルでも引き続き使用できます。オンライン、電話、店舗のいずれかで手続できます。電話の場合、SMSで「MNP予約番号」を受け取ります。

ドコモ「MNP予約番号」申し込み窓口
スマホ・PC 「My docomo」
受付時間:9:00~21:30
ドコモ携帯電話 151」
一般:0120-800-000
受付時間:9:00~20:00

スマホ・PCからMNP予約番号を取得する流れ

My docomo」にログイン→「契約内容・手続き」をタップ→画面下方の「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)お手続きする」をタップ→「解約お手続き」をタップ→「MNPのお手続きによる注意事項」を読み「上記注意事項を確認しました」にチェックを入れましょう→「手続きを完了する」をタップし終了です

手続完了後「お申込受付結果」画面にてMNP予約番号が表示されます(メール送信を選択した場合には指定のアドレスにも予約番号が送信されます)

注意点

  • 番号ポータビリティ手数料2,200円/3,300円が必要です。番号ポータビリティ(MNP)による契約の解除が行われた翌月、請求されます。
  • 「MNP予約番号」有効期限15日。期限内にワイモバイルと契約しなければ手続きはキャンセルされ、ドコモとの契約は継続されます。期限を過ぎても再取得することは可能です。なお、ワイモバイルでは有効期限が10日以上残っていることを申し込みの条件としています。
  • ワイモバイルでの契約手続きが完了した日付でドコモとの契約が解除になります。

MNP転出手数料廃止へ

ドコモからワイモバイルに乗り換える際に必要な携帯電話番号ポータビリティ手数料(MNP転出手数料)が4月1日から廃止となりました◎

【STEP2】Y!mobile(ワイモバイル)に申し込む

「MNP予約番号」を取得後はすぐにワイモバイルの申し込みをしましょう。ここではワイモバイル公式オンラインストアから申込む場合の手続流れを紹介します。

Y!mobile(ワイモバイル)公式オンラインストア

iPhoneのSIMカードのサイズは「nano」。お間違えの無いようご注意くださいね。

契約方法は「他社からのりかえ」を必ず選択しましょう。

料金プランはご希望のプランS/M/Rを選択します。データ増量キャンペーン中ですので、S(3GB→4GB)、M(15GB→18GB)、R(25GB→28GB)となっています☆

「データ増量オプション」キャンペーン中によりデータ容量が増量になっています。契約から2年間は自動的にキャンペーン適用になります。オプション項目で選択する必要はありませんが、一応、チェックを入れておきましょう。

割引「家族割引サービス」「下取りプログラム」を希望される方はチェックを入れます。

家族割引や下取りについては以下の記事を参考にどうぞ。

家族割引サービスの条件・注意点

下取りキャンペーンで月額料金を割引する方法は?

ひと通り入力を終えたら料金明細へをタップします。料金明細を確認後、連絡先を登録します。

次のページ「お客様情報入力」画面で、まずは「のりかえ(MNP)情報」を入力します。ドコモで取得済みの「MNP予約番号」を入力します。「MNP予約番号の有効期限」も忘れず入力しましょう。

次に「ご契約者情報」を入力します。「国籍」を選択後、本人確認書類をアップロードします。

あとは画面の指示に従い、氏名や生年月日、クレジッドカード番号などの「ご契約者情報」を入力していけばOK。

必要事項を入力した後は「入力内容確認」→「重要事項説明」→「お申込み完了」となります。登録したメールアドレスに「お申し込み完了のお知らせ」が届きます。

【STEP3】新スマートフォン・新ケータイ・新SIMカードを受け取る

申し込み完了後、最短で翌日には新しいスマートフォンやケータイ、SIMカードを受け取れます。受け取ったらすぐに、破損等ないかチェックしましょう。

回線切り替えについて

MNP乗り換えの方は、回線の切り替え手続きを行いましょう。同封の書類の案内に従い電話をかけます。電話の音声案内に従えばOK。到着から6日以内に切り替え手続を行わなかった場合は、自動切り替えとなります。

【STEP4】(新しく端末を購入する方のみ)旧スマートフォンでLINE引継ぎ設定・データ保存をする

新しいスマートフォンが届いたばかりで一刻も早く開通させたいとは思います。ですが、LINE引継ぎ設定や電話帳・写真・動画データ保存をお忘れなく。

他社からY!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるための事前準備と注意点

【STEP5】初期設定(APN設定)をする

初期設定をしましょう(APN設定:アクセスポイントの設定)。具体的な方法は機種ごとに異なります。同梱の資料を参考に設定してくださいね。

【STEP6】Y!mobileサービス初期登録

Y!mobileサービス初期登録をします(ワイモバイルの契約電話番号とYahoo! JAPAN IDを連携します)。

My Ymobileにログイン。画面上方メニュータブの「設定サポート」をタップし、「Y!mobile 初期登録をはじめる」をタップします。「Yahoo! JAPAN IDはお持ちですか?」で「はい」をタップ。「どこでももらえる特典」にエントリーしたYahoo!JAPAN IDとパスワードを入力します。

ご契約のワイモバイル携帯電話番号を入力し「次へ」をタップ。携帯電話宛に送信したメール(SMS)に記載されている確認コードを入力し、「設定する」をタップ。内容を確認し、「同意して利用を始める」をタップ

こちらの画面で登録完了です。

「どこでももらえる特典」エントリーで使用したYahoo!JAPAN IDと連携してくださいね

【STEP7】Yahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントの連携

PayPayボーナス、ボーナスライトをもらうためにYahoo!JAPAN IDとPayPayアカウントを連携しましょう。Yahoo!JAPAN IDの登録情報画面からPayPayアカウントとの連携ができます。

「ご利用状況」「PayPay」欄の「PayPayアカウントと連携しよう」をタップします。携帯電話番号を入力します。SMSで届いた確認コードを入力し、利用規約に同意します。「PayPayの登録とYahoo! JAPAN IDの連携が完了しました」と表示されればOK。これでPayPayボーナスライトやPayPayボーナスといった特典をもらうことができます。

最後に

長々と書いてしまいましたが、実際に手続きしてみるととっても簡単です。あらかじめ乗り換えのタイミングを決めておいて、さっさと手続きしてしまいましょう♪

ドコモからの乗り換えはとってもお得にスタートできますね☆

SIMカード契約特典情報
【オンライン限定特典】
合計最大13,300円相当お得です!!

特典1.新どこでももらえる特典
PayPayボーナス
3,000円プレゼント

↓Yahoo!JAPAN IDでエントリー!↓

特典2.PayPayボーナスキャンペーン
最大7,000円プレゼント!
↓タイムセール21:00〜翌日8:59まで↓

特典3.事務手数料無料
通常3,300円無料
↑オンラインストア限定↑

<手続き流れ>
Yahoo!JAPAN IDで「どこでももらえる特典」エントリー。そのあと、ワイモバイル公式オンラインストアからSIMカードを申し込めばOK!!

Y!mobile(ワイモバイル)SIMキャンペーンについて詳しくはコチラ

© 2021 格安スマホ&SIMへ乗り換えガイド